週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

コスパが魅力のOPPO「AX7」はメイン端末として使えるか?

 今回レビューするスマホは、OPPOの「AX7」です。

 OPPOは2018年1月に日本のスマホ市場に参入し、1年間で7モデルを投入しました。今年はまだ新モデルを発売していませんが、ハイブリッド10倍ズームのカメラを搭載した端末をリリースすることを予告し、新シリーズ「Reno」を日本で発売することも明言しています。なので、海外で発売されている「Reno 10x ZOOM」が、そろそろ登場するかもしれませんね。

 前置きが長くなりましたが、AX7はそんなOPPOが2018年12月に発売したエントリーモデル。量販店での実売価格は2万9880円(税別)。MVNOでも取り扱っていて、SIMと同時に購入すると、さらに安く買える場合もあるようです。

6.2型の液晶ディスプレーを搭載する「AX7」

背面にはデュアルカメラを搭載

 ネットでのクチコミをチェックすると、コスパが評価されて、堅実に売れ続けているようなAX7。本当に“お値段以上”の満足感が得られるのか? メーカーからお借りした端末を1週間ほど使ってみました。

エントリー機ながら
さほどストレスを感じない動作性

 AX7は、Androidをベースとする、OPPO独自の「Color OS」を搭載しています。といっても、フツーのAndroidと同じように、標準的なGoogleアプリがプリインストールされていて、Google Playストアにもアクセスできます。ホーム画面とアプリ一覧(アプリトレイ)が分かれておらず、「iPhoneに似ている」と言われることもありますが、まぁ似ています。「設定」画面など、iPhoneを真似たように思われる画面もあります。また、ファーウェイの「EMUI」にも似ていると感じました。

ホーム画面に全てのアイコンを表示できる

右にスワイプすると、ユーザーがカスタマイズできる「スマートアシスタント」という画面が表示

「設定」画面は、iPhoneの「設定」と似ている

画面の下に表示されるナビゲーションキーは、非表示にしてジェスチャー操作に変更可能

 プロセッサーはクアルコムのSnapdragon 450。エントリー向けのプロセッサーです。サクサク、キビキビといった操作性は期待できませんが、使ってみると「思っていたほど鈍くはない」というのが本音。普段、ハイエンドスマホを使っている筆者でも、意外と使えるなぁと。そんなにストレスは感じませんでした。4GBのメモリーが効いているのでしょう。

「AnTuTu Benchmark」アプリでベンチマークを測定した結果。3回テストした中での最高スコアは「72432」。Snapdragon 450搭載モデルとしては上々だろう

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう