週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

LGの2画面スマホ「V50 ThinQ」は別の進化を遂げた

2019年02月27日 09時00分更新

手品!? 画面を触らずに操作できる
「G8 ThinQ」

 V50とともに発表された「LG G8 ThinQ」。こちらは5Gには対応しないものの、ディスプレーが6.1型有機EL(1440×3120ドット)、SoCはSnapdragon 855、リア3眼、フロント2眼と、ハイエンドなのは変わりなし。サイズは約71.8×151.9×8.4mm、重さは167g、

 G8の特徴はなんといってもディスプレーを触らずに操作できる「Hand ID」という機能。イン側にある「Zカメラ」にかざすだけで音楽を再生したり、ボリュームを調整したりできる。こちらもまた、ほかのスマホとは違った進化のカタチだ。

基本的なデザインはV50と変わらず。バックパネルは光沢なので指紋がつきやすいが高級感がある

こちらも下部にイヤホンジャックとUSB Type-C端子が備わる

右側に電源キーとSIMスロット、左側にボリュームキーと、ハードキーの配置がV50とは異なっている。これはケースの有無の差だろう

リアカメラのレイアウトは横一列。インカメラ(Zカメラ)はノッチ部分に。Zカメラは静脈認証やジェスチャー操作に対応する

これがZカメラを使った操作。静止画だとわかりにくいが、音楽を再生したり、ボリュームを絞ったりできる。今後どのような展開になるのかが楽しみな機能だ


■関連サイト

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう