週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

世界初の5G対応折りたたみスマホ「HUAWEI Mate X」の実機を見た!

2019年02月25日 07時00分更新

今年のブームは折りたたみ!
ファーウェイはさっそく5Gに対応!

 ファーウェイは24日(現地時間)、同社初となるフォルダブル(折りたたみ型)スマホ「HUAWEI Mate X」を発表した。

 ディスプレーはノッチなしの全画面でフロント側が6.6型(19.5:9、2480×1148ドット)、リア側が6.38型(25:9、2480×892ドット)、開くと8型(8:7.1、2480×2200)になる。先行するサムスン電子の「Galaxy Fold」に比べてディスプレーが大型で本体も薄いという点をアピールしていた。

ファーウェイのコンシューマービジネスグループ CEO、リチャード・ユー氏が誇らしげに掲げるHUAWEI Mate X

この折曲げは「ファルコンウィングデザイン」と呼ばれる

 スペックはSoCにKirin 980を採用し、メモリー8GB、内蔵ストレージ512GB、バッテリーはデュアルで4500mAh、55Wの急速充電に対応、そして世界初の5G対応フォルダブルスマホである点を強調した。発売は2019年中頃を予定しており、価格は2299ユーロ(約29万円)。

カメラはもちろんLeicaとの共同開発。3眼仕様になっている

このようなケースも用意されるようだ

 残念ながら会場で触れる実機はなかったが、ケース内に展示されたいた端末を細かく撮影してきたので、フォトレポートをお届けする。

2つの画面を折りたたむのではなく、1つの画面を折り曲げる構造

背面にはカメラがあるので、こちら側の画面サイズはやや小さい

サイドにはハードキーらしきものも

Leica監修の3眼カメラのクオリティーは保証済み

ヒンジはそれほど目立たない

折りたたんだ状態と広げた状態

くの字に曲げた状態。このカタチで動作するアプリがあるのかどうか気になるところだ

今年の半ばにはリリースされるようだが、日本で発売されるかどうかは未定。楽しみに待ちたい


■関連サイト

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう