週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

「CEOが語る知財」:One Tap BUY代表取締役社長CEO林 和人氏インタビュー

先願調査でアイデアを磨け One Tap BUY林氏のスタートアップ知財ハック

2019年02月13日 07時00分更新

これからのスタートアップを目指す人へ先願調査のススメ

 最後に、林氏は改めて「アイデアを磨くために先願調査がいちばん」と、先願調査をすることを強く勧める。

 以前、林氏がゲスト出演したテレビ番組で、車椅子専用のカバンを作っている高校生が登場したことがある。林氏は、その場で弁理士に電話をして、1日でアイデアを調査してもらったそうだ。すると、類似の特許がたくさん見つかった。ただし、横と後ろに取り付けるものはあるけれど、前用の発明はなかったので、そこから具体的なデザインを考えられるようになったという。

 新しい商品やサービスが世に出るおよそ2年前には、特許が申請されている。次の時代を読むためにも先願調査は役に立つ。スタートアップが事業戦略を立てるための手段として、その活用が広まってほしい。

林 和人氏登壇! 弁理士による逆ピッチも開催!
スタートアップのための知財戦略セミナー2月20日開催

 知財戦略に関心をもっている、また知的財産を有し国内だけでなくグローバル市場を狙ってビジネスを展開するベンチャー、スタートアップ企業と知財関係者を対象にしたセミナーイベント『「IPナレッジベース」コミュニティーイベント in 東京2』を、2019年2月20日(水)にKADOKAWAの五番町グランドビル 7F セミナールーム(市ヶ谷)で開催します。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう