週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

iPhone X→iPhone XSがもたらす4つのメリットと違い

2018年09月25日 12時00分更新

【ネットワーク面】
eSIM+nanoSIMになったが、現時点では有用性は未知数!?

 2枚のSIMによる同時待受が可能になるのでは? と期待されていた新型iPhoneだが、nanoSIM×2が挿さるのは中国・香港向けのiPhone XS MaxとiPhone XRに限られる。

 ただし、日本向けのiPhone XSでも、nanoSIMスロットとは別に、ソフトウェアでSIM情報が書き込めるeSIMが内蔵されている。eSIMの用途としてはまず、海外旅行時に現地キャリアの安価なデータ通信プランと契約して、データ通信はそちらで、同時に日本のSIMの国際ローミングにより音声を待ち受けするという用途が最初に思いつく。

日本向けのiPhoneは、直接SIMが2枚刺さるわけではないが、eSIM+nanoSIMのDSDSは可能。eSIMがどのように活用できるかは、今後の楽しみの部分

 国内においてeSIM+nanoSIMがどう活用できるかは、日本のキャリアがeSIMに対する動向次第だろう。なおeSIM機能は、現時点ではまだオフの状態で、年内のアップデートで利用可能になる予定。

 また、モバイル網への接続部分では4×4MIMOに対応し、その性能を“ギガビット級”と表現する。国内キャリアの場合、下り最大800Mbps台の通信速度に対応したが、それによる高速化の恩恵を感じる機会は限定的と思われる。

ドコモのサイトから。ドコモ網+iPhone XSでは一部エリアで下り最大844Mbpsのネットワークが利用できる

【カメラ】
進化したボケや暗所における精細さが大幅に向上

 iPhone Xに対する、iPhone XSの最大の進化点はやはりカメラ。とはいえ、スペック上の数値に違いはなく、アウトカメラは12メガ×2で広角と望遠の組み合わせ(F値は1.8と2.4)、インカメラも7メガ(F値2.2)となっている。ただし、A12のニューラルエンジンに加え、センサーでもピクセル大型化と高速読み出しへの対応による強化がうたわれている。

カメラの外観だけでは、iPhone XS(左)とiPhone X(右)の違いがわからない。公開されているスペックの数字も実は同じだ

 iPhone XSのカメラの1つめの特徴が「スマートHDR」。詳細はハッキリと明かされていないが、新センサーやニューラルエンジンを活かした高度な画像処理により、「写真の明部と暗部により精細なディテールをもたらします」としている。特に夜景を撮り比べると、iPhone Xとの差は明白で、iPhone Xでは白飛びするような場面でも、iPhone XSでは詳細感に優れた写真に仕上がる。

左がiPhone X、右がiPhone XSと同じカメラのiPhone XS Maxで撮影した写真。駅構内の明るい場所や看板など、iPhone Xでは飛んでしまっている部分もしっかりと撮れている

 もう1つは「精巧なボケと深度コントロール」。ポートレートモードで、被写体の背景を美しくボケさせるほか、撮影後の被写体深度の調整が可能になった。また、デュアルカメラのiPhone XSについては人物以外についてもポートレートモードが利用できる。

人物以外の被写体でもポートレートモードが利用でき、撮影後の被写体深度の変更も可能

【バッテリー】
「最大30分長いバッテリー駆動時間」はCPUの省電力性!?

 iPhone XSではバッテリーの持ちの良さもアピールされている。アップルのサイトでは「最大30分長いバッテリー駆動時間」との記述があるが、通話時間だけを見ると、iPhone Xの21時間から、iPhone XSでは20時間へと逆に若干短くなっている。ここから想像できるのは、バッテリー容量が減少されつつ、CPUをはじめとする、iPhone XSの省電力性能が向上し、全体としての実利用時間では伸びているという可能性だ。つまり、これについては“使い方次第”という判断になりそうだ。

バッテリー駆動時間の長さをアピールしているが、スペックを詳しく見る限り、単純に容量を増やしているわけではなさそう!?

 というわけで、ここまでの説明からiPhone XからiPhone XSで得られる明白なメリットは、【カメラ】【CPU】【防水】【FeliCa】の4つ。外観についてはゴールドが追加された点、ネットワークについてはeSIMの今後の動向次第という部分がある。また、スピーカーはiPhone XとiPhone XSとではハッキリとした差を確信できるほどではなかった。

  iPhone X iPhone XS iPhone XS Max
容量 64/256GB 64/256/512GB
ディスプレー 5.8型有機EL 6.5型有機EL
画面解像度 2436×1125
ドット
2688×1242
ドット
画素密度 458ppi
コントラスト比 100万:1
サイズ 70.9×143.6
×7.7mm
77.4×157.5
×7.7mm
重量 174g 177g 208g
CPU A11 Bionic A12 Bionic
カメラ 12メガ×2/F値1.8、2.4
インカメラ 7メガ/F値2.2
動画撮影 4K/60fps、フルHD/240fps、フルHD/60fps(イン)
手ぶれ補正 ○(光学式)
生体認証 ○(顔)
販売キャリア ドコモ、au、ソフトバンク、SIMフリー
4G対応周波数
(ドコモ)
2.1GHz(1)/1.8GHz(3)/800MHz(19)
/1.5GHz(21)/700MHz(28)/3.5GHz(42)
4G対応周波数
(au)
2.1GHz(1)/1.5GHz(11)/800MHz(18)
/700MHz(28)/WiMAX 2+(41)/3.5GHz(42)
4G対応周波数
(SB)
2.1GHz(1)/1.8GHz(3)/900MHz(8)
/700MHz(28)/AXGP(41)/3.5GHz(42)
最大通信速度 下り800Mbps ギガビット級(4×4 MIMO時)
VoLTE
Wi-Fi a/b/g/n/ac MIMO対応(2.4/5GHz)
防水防塵 ○(IP67) ○(IP68)
3D Touch
FeliCa
SIMサイズ nanoSIM+eSIM
コネクター Lightning
通話時間 21時間 20時間 25時間
ネット利用時間 12時間 12時間 13時間
連続再生時間
(ビデオ/音楽)
13時間
/60時間
14時間
/60時間
15時間
/65時間
ワイヤレス充電
カラバリ スペースグレイ、シルバー ゴールド、スペースグレイ、シルバー

■関連サイト

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう