週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

144Hz対応の24.5型ディスプレーでぬるぬるプレー!

R6S始めるならふり~だ氏推薦PCがちょうどいい、税別10万円台から!

2018年07月31日 11時00分更新

エントリーモデルの性能をベンチマークでチェック!

 エントリーモデルのNEXTGEAR-MICRO im610SA1-R6Sは、Core i5-8400(2.8GHz)、GeForce GTX 1060(3GB GDDR5)、16GBメモリー、1TB HDDを搭載している。この構成で、レインボーシックスシージをはじめとするゲームがどれだけ快適に動くのか、ベンチマークを使って計測してみた。

 パソコンの総合性能を測る「PCMark 10」は、4552という結果に。基本性能を示す「Essentials」が6724、ビジネスアプリの性能を示す「Productivity」が6606、コンテンツ制作における性能を示す「Digital Content Creation」は6178という結果だった。グラフィック性能の高いゲーミングマシンだけあって、Digital Content Creationでも高めのスコアを記録。ゲームだけでなく、写真/動画編集などのクリエイティブな作業もこなせそうだ。

PCMark 10の結果

 CPUの性能は、CGのレンダリング性能から独自のスコアを算出する「CINEBENCH R15」で計測。マルチコアの性能を表す「CPU」が897cbだった。前世代のCore i5-7400が4コアだったのに対し、Core i5-8400は6コアになったため、その分CPUのスコアは伸びている。あくまで参考程度だが、以前計測したCore i7-7700を搭載するマシンのCPUのスコアが867だったので、Core i5-8400はそれ以上ということになる。レインボーシックスシージはCPUのパワーも結構必要なため、エントリーモデルでも十分な性能があるという、うれしい結果となった。

CINEBENCH R15

 グラフィックス性能を測る3DMarkでは、Time Spyが3963、Fire Strikeが10167という結果に。これくらいの性能があれば、レインボーシックスシージだけでなく、多くのゲームがフルHDで快適に遊べるだろう。

Time Spyの結果

Fire Strikeの結果

 ゲーム系のベンチマークは、「ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター ベンチマーク」を計測。最高品質、1920×1080ドット、フルスクリーンで11090(非常に快適)だった。

ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター ベンチマークを最高品質、1920×100ドット、フルスクリーンで計測

 続いて、「FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマーク」も計測。標準品質、1920×1080ドット、フルスクリーンで5713(やや快適)、品質設定を高品質にすると4087(普通)という結果になった。FFXVのベンチマークはFFXIVと比べるとかなり負荷が高いのだが、しっかりとしたスコアを記録した。最新の3Dゲームでも、設定次第では快適に遊べるだろう。

標準品質、1920×1080ドット、フルスクリーンで計測

高品質に変更して計測

 最後に、レインボーシックスシージのベンチマークを計測。マップ「民家」の様々な箇所でフレームレートを計測してくれるもの。1920×1080ドット、フルスクリーン、画質設定「中」での結果は以下の通り。

民家でのフレームレートを計測

ベンチマーク結果

 最少が少し低いものの、平均はほぼ140fpsを超えている。設定しだいでは、高フレームレートのディスプレーでもしっかり遊べそうだ。

 気になる点がとすれば、ストレージがHDDということ。プレー中はほぼ支障ないが、OSやアプリの起動時にSSD搭載マシンと比べると若干もたつきを感じた。予算に余裕があれば、BTOカスタマイズでSSDに変更もしくは追加をオススメしたい。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう