週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

食べ比べてみたーーー!! チキンは最高だ

コンビニの骨付きチキン マジ旨いのはやっぱり

2017年12月22日 20時00分更新

酒が進むのはローソンの「黄金チキンコンソメ」
ジューシーチキンのナンバーワンは間違いなくセブン

 驚いたのは、ローソンの黄金チキンコンソメ(骨付き)の、皮のクリスピーな食感。スタンダードな黄金チキン(骨付き)はしっとりした皮であったのに対して、チキンコンソメはカリッカリ。皮が存在感をぞんぶんに主張していました。

ローソンの「黄金チキンコンソメ(骨付き)」はビールがいちばん進みそうです。

 味付けもしっかり濃く、皮のクリスピー食感とかけ合わさると、まさしくダブルパンチ。渇いた喉にビールを流し込めばサイコー以外の言葉は出ません。ビール無しでは食べられないチキンなのかもしれません。ある意味、注意ですよ。

セブンななチキは、脂のジューシーさが他よりずば抜けていました。

 脂たっぷりでジューシーなチキンを食べたいという場合、セブン-イレブンのななチキ(骨付き)が間違いありません。ななチキは、口のなかで広がる脂の量が、ほかの製品からアタマひとつ抜けていました。ケンタッキーのチキンを食べている感覚に通じるものがあり、コンビニでここまでの質が出せるなんてと感心するくらい。

なんだかんだ、どのチキンもおいしかったです。だって肉だもの。肉はおいしい! みなさん、チキンを食べてステキなクリスマスを!

 この2製品はとてもパンチがあり印象的でした。言い方を変えると、衣が厚かったり、脂が多かったりと、ジャンキーな方向性。ベーシックなチキンを食べたいという場合、ミニストップの極旨チキンあたりが良いかもしれません。

 みんな違ってみんないい。みなさん、自分がよいなと思うチキンを食べて、ステキなクリスマスを迎えてくださいね!



■「クリスマス特集」やっています

・アスキー「クリスマス特集」目次ページ

 アスキー読者にぴったりのクリスマスグルメを紹介。コスパ良く、ガッツリ、そしてユニークなチキン・ケーキ・ピザなどの情報を取り上げていきます。

■著者ナベコFacebookやっています


この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう