週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

富士フイルム「X-E3」はメカメカしいコンパクトボディーにマニアックな機能を凝縮

2017年10月25日 12時00分更新

感度別撮影サンプルで画質をチェック!

ISO 100

ISO 100

ISO 200

ISO 200

ISO 400

ISO 400

ISO 800

ISO 800

ISO 1600

ISO 1600

ISO 3200

ISO 3200

ISO 6400

ISO 6400

ISO 12800

ISO 12800

ISO 25600

ISO 25600

ISO 51200

ISO 51200

 感度はISO 100からISO 51200まで設定が可能。ノイズはISO 800あたりから出はじめているが、目立ってくるのはISO 6400以降、気になるのはISO 25600以降くらい。高感度での撮影かかなりいい感じだ。最高感度でもディテールへの影響は少ないので実用性は高い。

キットのレンズの画質もチェック!

「フジノンレンズ XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS」装着時の上面

 レンズキットに付属する「フジノンレンズ XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS」の画質も見てみよう。まずは広角側から。

「XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS」(広角側)

F2.8

F2.8

F4.0

F4.0

F5.6

F5.6

F8.0

F8.0

F11

F11

F16

F16

F22

F22

 絞り開放からシャープネス、解像感ともに問題ない。さすがにF16以降は絞りすぎで甘さが出てくる。F22までは絞らないほうがいいが、それでもこのクラスのレンズとしてはかなりいい感じの性能だ。

「XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS」(望遠側)

F4.0

F4.0

F5.6

F5.6

F8.0

F8.0

F11

F11

F16

F16

F22

F22

 55mm側も絞り開放から何も気にしないで使える。シャープネス、解像感ともに問題ない。やはり最小絞りのF22では甘さがでてくるので、美味しく使うならできるだけ絞りは開けたほうがいいだろう。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう