週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

渡邊真由×一ノ瀬りと

paletが語る、ファッションアイテムとしてのヘッドフォン

paletの魅力をわかってない人はかわいそうだなと思います

──では、年末のワンマンライブの話を聞きましょう。

渡邊 12月24日に開催される年末のワンマンライブは、りとちゃんとはる(小磯陽香)が入ってきてちょうど1年なんですよ。

一ノ瀬 早いですよね。

渡邊 だから、2人を加えてやってきた6人のライブもちょうど1年なので、その間にどれだけ成長したかを見てほしいですね。

一ノ瀬 このライブをもって紫担当のりーちゃん(井草里桜菜)が卒業しちゃうので、この6人でできる最後のライブになります。きっと私が加入してからpaletのライブに来てないって人もいると思うんですけど、初期メンバーの卒業だから、これは見てほしいですね。この日のためにハッシュタグ「#palet楽曲紹介」でツイッターもつぶやいているので、まずはそれを見てもらえば楽曲がわかります!

──一ノ瀬さん、小磯さんのお披露目からちょうど1年なんですね。あっという間ですね。

一ノ瀬 2015年の年末ライブでお披露目だったので……。入ったばかりのころは、初めてやることばっかりで大変でした。めちゃめちゃあがり症なんですよ! だから最初は周りが全然見れてなくて、ファンの方がツイッターに「僕は今日こんなことやってました」とか書いてくれるんですけど「わかんないし!」みたいな(笑)。それがワンマンライブとか4周年ライブとかTIFとか取材だったりとか、そういう初めてのことばかりを積み重ねていくことでいろいろ見れるようになってきました。すごいいい1年でしたね。やっぱり普通に生活してたらできないじゃないですか。だから、仕事の面だけじゃなくて、人間としてもいい経験になったかなって思います。

──加入当時、グループに溶け込めましたか?

一ノ瀬 ひとつ上の年代がまゆちゃん(渡邊真由)なんですけど、3歳離れてるんですよ。あとは、(平口)みゆきさんとゆいちさん(藤本結衣)が5歳離れてて、当時15歳だったんですけど、ほんとにどうしようって思ってました。ライブとかも不安だけど、年齢がこんなに離れているメンバーとどうやって会話しようって(笑)。

渡邊 こんな離れてる(笑)。

一ノ瀬 どういう話をすればいいかわからなくて、すごい戸惑いましたね。でも、はるが同期で入ってつなげてくれたから、私的にはそれが大きかったですね。

──そういう意味では、渡邊さんは同期がいなかったですからね。

渡邊 そうですね。でもそのときはりーちゃんがタメだったので、優しくしてくれました(笑)。

──渡邊さんにとって2016年はどうでしたか?

渡邊 そうですね、りとちゃんとはるが入ってきてくれて、初めての後輩で、私もどう接していいのかわからずでしたね。りとちゃんはステージも立ったことがなくて、それが見ててわかったんですけど、今は全然そんな感じじゃなくなって歌えるし踊れるし、すごい成長したなって思います。それを見習わなきゃなって思って私も成長できた部分があったので、いい1年でした。

──最後に年末のライブに向けてメッセージをお願いします。

一ノ瀬 年末こないと一生後悔するので、とりあえず迷ってる暇があったら来いよ! って感じです(笑)。

渡邊 paletの魅力をわかってない人はかわいそうだなと。あとできっと、「なんでこんな魅力がある人たちをもっと前から見てなかったんだろう」って後悔すると思います! 自信あるので、見に来てください!

イベント情報

「palet LIVE 2016~NEXT DIMENSION~」
日程:2016年12月24日(土)
会場:新宿BLAZE
開場:17:30
開演:18:00
前売り3500円 当日4000円 *すべて税込 ドリンク代別
主催:株式会社プラチナム・パスポート
共催:株式会社アワーソングス クリエイティブ

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう