週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

網焼きジュージュー、ビールをグビグビ!

ジンギスカン×酒が止まらない!水道橋の羊肉酒場で食い(飲み)倒れた

2016年05月08日 17時00分更新

ラムチョップは大きいぞ! 骨までしゃぶれ!

 生ラムメニューのひとつである骨付きの「ラムチョップ」(1本750円)は見た目にもテンションが上がります。注文は1本ずつになりますが、1本が大きいんですよ!

ラムチョップを頼んでみたら、1本が大きくてびっくりしました。

考えてみたら、ラムチョップを食べる機会はこれまでにあっても、網で自分で焼くのは初めてでしたら。

分厚いです。

 肩ロースもそうでしたが、分厚いお肉の網焼きはある程度表面が焼けてきたら、ハサミで切ってしっかり火を通すのが正解のようです。

表面がこんがりとしてきました。

骨にそってハサミを入れて……。

 滴る脂で火がまた燃え上がり……。各テーブルで同じように網焼きしているので、店内は煙だらけでした。目が涙で曇るのは煙と、そしてお肉がおいしくて感動するからです(笑)。

ジュワ~、ジュワ~。

 脂がたっぷり。ジューシーなのでビール進みます。もちろん骨にも肉が残っているのでしゃぶってきれいに食べましょう。上品に食べなくていいという雰囲気があるのが悟大のよいところ。

 1本750円と少し高く感じましたが、これだけ大きいなら納得いきますね。

何それ!?「最強レモンサワー」が最強

 お肉がおいしいのでお酒がドンドン進みますよ。さっぱりしたレモンサワーっていいですよね。おや、「最強レモンサワー」(通常サイズ450円)ってなんでしょう。

最強レモンサワー、右がレギュラーで左がどでかサイズ。

 氷を入れずにカットレモンをまるまる1個入れたという最強レモンサワーは、レモンのさわやかな味わいがたっぷり。氷がないぶんアルコールもしっかりと感じられるのでお酒に強い人は好きになると思います。

 レギュラーにプラス200円でどでかサイズに変更することもできます。どでかサイズの場合、レモンはまるまる2個。上がりますね~!!

タンはコリコリ食感! おいしい~!!

 希少部位である羊の「タン」(680円)も食べました。ラムは小柄なのでタンは多くとれないので、まさに貴重。写真は2人前です。

タン2人前。羊のタンって確かにめったに聞かないですね。

ジューーーー、ジュ――――。

 焼く時に、さらに塩を強めに振ってあげると良いそうです。

良い感じに火が通ってきました。

 特にタレを付けずに食べてみました。

なんとステキな食感。

 食感がコリコリ。しっかり厚みがあって、味わいがあって。タンというのはわかるのですが、牛タンとはまた違った味わいです。

 お酒がドンドン進んでしまうおいしさなのですよ!

サワーは中身だけのおかわりもできます

 先ほどの最強レモンサワーを飲みきってしまったのですが、まだまだレモンがしぼれそうです。

酎ハイのおかわりお願いしますっ。

 そんな時は、おかわりで「酎ハイ」(390円)を頼めば中身を足してくれますよ。最強レモンサワーのレモンの味わいは、おそらく3杯くらいまで残るはず。ぜひお試しあれ。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう