週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

雰囲気満点の会場、全身スキャン、プロト・ナーヴギア、“あの”UIに感動

アルファテスト体験速報「SAO ザ・ビギニング Sponsored by IBM」4つの見どころ!

2016年03月18日 08時00分更新

この“はじまりの街”で操作を学びます。(C)SWORD ART ONLINE THE BEGINNING PROJECT

密かな見どころその3『プロト・ナーヴギアが超絶格好良い!』

 これは写真を見ると一目瞭然ですが、かなりグッと来る造形です。外観的には、サイクリング用のヘルメットにヘッドセットとOculus Rift DK2を組み込み、さらにRift前面にセンサー類を直接貼り付けたような感じですね。

 テスト時は、水泳帽のようなもので頭髪をまとめ、おもむろにナーヴギアを被ります。すると写真の通り、テスターはもれなく“ザ・サイバーパンクの悪役面”と化します。最高の気分です……!

かなり大掛かりな器具ですが、ケーブル類と一緒に真上から吊し上げられているので、そんなに重量は感じませんでした

密かな見どころその4『アニメでよく見る“アレ”を体験できる!』

 ログイン後はみなさんの予想通り、操作を一通り学んでから散策し、バトルに突入するわけですが、僕がテスト中に最も感動したのはUI!

 SAOをはじめ、さまざまなアニメで見たことのある、“自身の周りに半透明のコンソールが浮かび出て、それをタッチすることで装備を変更できたりするアレ”ですよ! 夢にまで見たアレを本当に操作できるんです。

 VRを使ったゲームの感想として、視点と画面の向きが一致するとか、没入感が凄いとか色々言われますが、この半透明UIはまさにVRでしか(たぶん)実現できない決定的な体験です。テスターのみなさん、ぜひご堪能くださいませ!

Oculus Riftなどをさんざん体験した人でも、このUIは別格の感動を味わえます。もう延々、空中をペチペチ叩いて操作し続けたい……!

“次世代”を味わえる貴重な機会でした

 とまあ、テスター体験が新鮮なうちに個人的な見どころを4つほど挙げてみました。ほかにも、この膨大なゲームデータを同期させているテクノロジーとか、IBM Watsonを思わせるユイの行動など(そう、ユイも登場します!)、書きたいことは山ほどあるので、そのへんは今後じっくりと。

 最後に、SAOファンなら「ニヤリ」とできる画像を貼ってお別れです。

あれ? あの白衣のネームプレート……

彼は休憩中だったようです

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう