週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

ChatCast、チャット内容を残してウェブコンテンツに

2016年01月28日 07時00分更新

「ガチっとスタートアップ」は、ガチ鈴木が日々の取材で見つけたスタートアップの中から、個人的にググッときたサービス、プロダクトを紹介するコーナーである。

『ChatCast(チャットキャスト)』は、会話の内容を残して、コンテンツとしてウェブで公開できるチャットサービスだ。

 利用するにはまず、ユーザーがチャットルームを作成してサービス上で任意のURLを発行する。そのURLに招待された人らで、チャットが展開できる。投稿できるのはテキストと画像のみだ。

 ひとつのチャットルームは30分まで使用でき、制限時間を過ぎると自動的に閉じられる。終了したチャットログには見出しを付けたり、編集して、対話型コンテンツとして残して、外部に公開できる。

 ウェブで対談記事などを作成する際、ある程度の時間的なコストがかかってしまうが、このチャットキャストを使えば、簡単に対談記事などを作成できるようになる。会話を中心とするコンテンツの新しいプラットフォームへ期待できるサービスだ。

■関連サイト
ChatCast(チャットキャスト)

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう