週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

バーナーを初めて使う手間がかかった商品!食べてきました

ミスドの期待作「クリームブリュレドーナツ」、キーワードは「丁寧」

2016年01月04日 12時00分更新

ミスタードーナツってひとつひとつ手作りなんだよね

 製造行程を見学して思ったのは、ドーナツをひとつ作るのに手間がとてもかかっているということ。

 クリームブリュレドーナツは、ひとつひとつ時間をかけてバーナーであぶるので、「これで、ショーケースに並ぶ量をつくるのはとても大変なのでは?」と心配になるほどでした。

 クリームブリュレドーナツに限らず、ミスタードーナツ各店舗には調理場が設けられており、ドーナツはすべて基本的に店舗調理。

 ドーナツは揚げてからの鮮度が命。だからこそミスタードーナツのおいしいさがあるのですが、店舗調理というのが「意外だった」、「知らなかった」という人も少なくないそうです。

 記者もそのひとりで、ミスタードーナツって気さくで入りやすいドーナツ屋さん、いつ行ってもたくさん品数を用意しているところ、と親しんでいたため、ドーナツづくりにそこまで手間をかけているのなんて意識していませんでした。

 ミスタードーナツは、最近ではオープンキッチンの店舗も少しずつ増やして、「店舗での手作り」という認識を高めていくよう努力しているそうですよ。

 記者の個人的な見解として、一番おいしいドーナツって、家で手作りした揚げたてのものだと思うんですよ。それはひとえに“お母ちゃんの愛情”がつまっているから。ミスタードーナツも各店舗で手作りしてその場で揚げていると思うと、おいしさが増すような。

 ドーナツを手作りしてくれて、ありがとう、ミスタードーナツ!

『クレームブリュレドーナツ』
『フレームブリュレドーナツ アップルシナモン』
・価格:各172円
・販売期間:1月5日~3月下旬(順次販売終了予定)
・販売店舗:ミスタードーナツ全店(一部ショップを除く)

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう