2020年01月14日20時00分

240Hz駆動スマホやeスポーツ向けバックパックの展示、GSGメンバーとの交流も! 東京eスポーツフェスタブースレポ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
to9kyo
「東京eスポーツフェスタ」が開催

 1月11日、12日に、国内におけるeスポーツの普及と関連企業の振興を目的としたイベント「東京eスポーツフェスタ」が開催された。主催は東京都や日本eスポーツ連合(JeSU)などが名を連ねる東京eスポーツフェスタ実行委員会。

 イベントでは、「モンスターストライク」や「パズル&ドラゴンズ」「太鼓の達人 Nintendo Switchばーじょん!」などのeスポーツ大会を開催したほか、eスポーツに関するメーカーや企業がブースを出展。ゲーミングパソコンをはじめ、ゲーミングスマホやゲーミングデバイスだけでなく、eスポーツ関連製品が多く展示してあったのが印象的だった。本記事では、中でも気になったブースを中心に紹介する。

240Hzディスプレーを採用するゲーミングスマホ「AQUOS zero2」でゲームを試遊

to9kyo
シャープブース

 シャープのブースでは、今冬発売予定のゲーミングスマートフォン「AQUOS zero2」でスマホゲームの試遊が可能だった。AQUOS zero2は、有機ELパネルを採用する約6.4型ディスプレーを採用。また、毎秒120回の表示更新に連動して間に黒画面を挿入することにより、毎秒240回の表示状態の変化を実現。これにより、タッチパネルを240Hz化しているのも特徴だ。

to9kyo
「AQUOS zero2」
to9kyo
「AQUOS sense3」と「AQUOS sense3 plus」

 また、IGZOディスプレーと4000mAhバッテリーを搭載することで、およそ1週間バッテリーが持つのが特徴の5.5型「AQUOS sense3」と、ディスプレーサイズが6型の「AQUOS sense3 plus」も展示されていた。そのほか、ブース内で簡単なアンケートに答えると、スマートフォンに装着するとゲームプレイしやすくなるグリップか、小さめのバッグどちらかがもらえた。

to9kyo
to9kyo
アンケートに答えると、スマホ用のグリップがもらえた

G-STAR Gamingのメンバーとチェキを撮影

to9kyo
「G-STAR Gaming」ブース

 倉持 由香さんがプロデュースしたゲーミングチーム「G-STAR Gaming」もブースを出展。ブースでは、G-STAR GamingをスポンサードするマウスコンピューターのG-TuneブランドのゲーミングパソコンやAKRacingのゲーミングチェア、Razerのゲーミングデバイスなどを展示。また、G-STAR Gamingのグッズを購入できるだけでなく、ブースにはG-STAR Gamingのメンバーもおり、一緒にチェキを撮影することも可能だった。

to9kyo
スポンサードメーカーの紹介も。マウスコンピューターのゲーミングパソコンブランド「G-Tune」のマシンやAKRacingのゲーミングチェアも展示
to9kyo
Razerのゲーミングデバイスもズラリ
to9kyo
「G-STAR Gaming」のグッズも販売
to9kyo
ブースでは、芦澤 佳純さんや野々宮 ミカさん、IRENEさんなどG-STAR Gamingのメンバーもいて、一緒にチェキの撮影も可能だった

結構レアなロケットリーグのTシャツがもらえたサードウェーブブース

to9kyo
サードウェーブのブース

 サードウェーブのブースでは、同社のゲーミングパソコンを使って「ロケットリーグ」を試遊することができた。加えて、ブースでドスパラのモバイル会員登録をすると「ロケットリーグオリジナルデザインTシャツ」が手に入ったほか、ロケットリーグを試遊してその様子をSNSにアップすると「オリジナルGALLERIAマウスパッド」もプレゼントされた。

to9kyo
to9kyo
ゲーミングノートパソコンでロケットリーグを試遊できた
to9kyo
to9kyo
結構レアなロケットリーグのTシャツもプレゼントしていた

GIGABYTEのゲーミングノートパソコンやCORSAIRのゲーミングデバイスを展示していたアスクブース

to9kyo
アスクのブース

 アスクのブースでは、GIGABYTEのゲーミングノートパソコンやCORSAIRのゲーミングデバイスを展示。GIGABYTEのゲーミングノートパソコンは、144Hz/240Hzのリフレッシュレートに対応するディスプレー搭載のゲーミングノートパソコンを複数機種搭載。実際に高リフレッシュレートのゲーミングノートパソコンでのゲームプレイが試せた。

to9kyo
to9kyo
CORSAIRのゲーミングヘッドセットやキーボードを展示
to9kyo
to9kyo
初音ミク仕様などド派手なマシンも展示
to9kyo
GIGABYTEのゲーミングノートパソコンも展示
to9kyo
240Hzのリフレッシュレートに対応するディスプレーの15.6型ゲーミングノートパソコン「AORUS 15 XA-7JP2132SW」
to9kyo
世界初のMicrosoft Azure AIノートパソコンで、4K HDRディスプレー採用の17.3型「AERO 17 HDR SA-7JP4020SO」
to9kyo
世界初のMicrosoft Azure AIノートパソコンで、4K有機ELパネル採用の15.6型「AERO 15S OLED SA-7JP5130SP」
to9kyo
to9kyo
AORUSのフラッグシップゲーミングノートパソコンで、冷却もスゴい「AORUS 17 YA-9JP2452SH」

PlayStation 4にもピッタリのポケットサイズ外付けSSDなどを展示していたアイ・オー・データブース

to9kyo
PlayStation 4との組み合わせにピッタリな外付けSSD「SSPH-UT」

 アイ・オー・データのブースでは、USB 3.1(Gen 1)対応のポータブルSSD「SSPH-UT」を展示。PlayStation 4/PlayStation 4 Proと接続して使用すれば、ゲームのロード時間を高速化できるという。また、同社のゲーミングディスプレーブランド「GigaCrysta」のディスプレーや、HDMI出力の映像を簡単に1080/60pで録画できるHDMIキャプチャー「GV-HDREC」なども展示してあった。

to9kyo
ゲーミングディスプレー「GigaCrysta」は大会用の機材としても採用されていた
to9kyo
HDMIキャプチャー「GV-HDREC」

ゲーミングデバイス専用ポケット付きのeスポーツ向けのバックパック「MARKSMAN」

to9kyo
「MARKSMAN」のブース

 個人的に一番気になったのが、eスポーツ向けバックパック「MARKSMAN」のブース。MARKSMANは、バッグや財布、革小物を製造・販売するヤマニのeスポーツ向けブランド。なかでも「E-GAME PACK」は、キーボード、ヘッドセット、マウス、マウスパッドなどを収納できる専用スペースを備えているのが大きな特徴。もちろんノートパソコンなども収納可能だ。トンピ?氏とabara氏というeスポーツシーンで活躍する2人を監修に迎えているのもポイントとなっている。

to9kyo
トンピ?氏とabara氏が監修したeスポーツ向けバックパック

 E-GAME PACKはMサイズ/Lサイズをラインアップしているので、用途や持ち運ぶノートパソコンのサイズなどに合わせて選択できる。加えて、マグネットで簡単に装着できる別売りのポーチも用意している。ブラックを基調としているので、eスポーツシーンでも普通に使えそうだ。

to9kyo
ゲーミングデバイスが収納できる
to9kyo
ブラックが基調なので普段使いにも
to9kyo
晴れの日にはゲーミングヘッドセットを引っかけて持ち運ぶことも
to9kyo
別売りのポーチも複数用意。「E-GAME HEAD SET CASE」はゲーミングヘッドセットを収納可能

ワイヤレスゲーミングヘッドセット「Arctis 1 Wireless」で試遊できた「SteelSeries」ブース

to9kyo
SteelSeriesブース

 SteelSeriesブースでは、ゲーミンググレードの2.4GHzワイヤレスにより低レイテンシーのオーディオとチャットを実現するというヘッドセット「Arctis 1 Wireless」や、ハイレゾ対応スピーカードライバーを搭載する「Arctis Pro」とゲーミング向けDAC「GameDAC」の組み合わせなどでゲームプレイが可能だった。

to9kyo
「Arctis 1 Wireless」を使って試遊が可能だった
to9kyo
to9kyo
「Arctis Pro」とゲーミング向けDAC「GameDAC」も

全日制に加え短期集中コースも! 「esports 銀座 school」ブース

to9kyo
esports 銀座 schoolブース

 コナミグループが運営するeスポーツのスクール「esports 銀座 school」もブースを出展。esports 銀座 schoolでは、プレイヤーだけでなくストリーマーやプランナー、実況・解説、チームフロント、ゲーム制作などの授業を実施予定だという。また、全日制に加え短期集中コースも用意しており、こちらは働きながら通いたいという人から多くの問い合わせが来ているとのことだ。

to9kyo
to9kyo
「esports 銀座 school」についての説明が聞けた

 また、ブース外ではあるが「BEMANI PRO LEAGUE」の記者発表会の際にお披露目となった新筐体も設置してあった。

to9kyo
to9kyo
BEMANIの新筐体も

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking