2019年11月05日14時00分

Microsoft FlowがRPAを搭載したMicrosoft Power Automateへ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 マイクロソフトは開催中の「Microsoft Ignite 2019」においてRPA(Robotic Process Automation)機能を搭載した「Microsoft Power Automate」(旧Microsoft Flow)を発表した。

MN
GUI操作を記録するUI Flows

 Microsoft Flowはクラウド間をAPIで連携させ、タスクの自動化を実現するサービス。今回、「Microsoft Power Automate」と名前を変更し、APIを提供していないレガシーアプリケーションの操作を自動化する「UI flows」の機能を追加した。UI Flowsではマウスやキーボードの操作、データ入力などの操作をステップ単位で記録し、再生することが可能になる。コードを記述せず、GUI操作でフローを設計でき、APIを提供するクラウドサービスとWindowsアプリケーションやブラウザのUI操作と容易に連携できるという。

 Microsoft Power Automateは同日、パブリックプレビューが開始されている。また、プライベートプレビューを導入した企業としてあいおいニッセイ同和損害保険のコメントが掲載されている。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking