2019年10月13日14時30分

ノートで4Kゲーミング!? 有機ELパネル搭載「N1588J-720/T」の実力をチェック

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
4Kノートベンチ

 TSUKUMOのゲーミングブランド「G-GEAR」が発売した、4K有機ELディスプレーを搭載するゲーミングノートPC「N1588J-720/T」。

 前回の記事では、本製品の外観やインターフェースについて確認した。今回は各種ベンチマークテストの結果も踏まえつつ、その実力を検証していきたい。まず、N1588J-720/Tの基本的な構成は以下の通りだ。

N1588J-720/T(標準構成)の主なスペック
CPU インテル「Core i7-9750H」(6コア/12スレッド、2.6~4.5GHz)
ディスプレー 15.6型4K(3840x2160ドット)、グレア、OLED(有機EL)パネル
メモリー 16GB(DDR4-2666、8GB×2)、最大64GB
グラフィックス NVIDIA「GeForce RTX 2070」(8GB)
ストレージ インテル 512GB SSD(M.2規格/NVMe接続)
インターフェース MiniDisplayPort端子、HDMI端子、USB Type-C×2、USB 3.0×3、ギガビットLAN、ヘッドフォン出力・マイク入力(ミニジャック)、マイク入力・S/PDIF出力(ミニジャック)、マルチカードリーダー
通信機能 IEEE 802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 5.0
サイズ 幅359×奥行き258×高さ29.9mm
重量 約2.5kg
OS Windows 10 Home (64ビット版)

 CPUにはCore i7 9750H、グラフィックスにはGeForce RTX 2070を搭載。メモリーは16GBで、ストレージには512GB SSDを搭載。ゲーミングノートPCとしてはそれなりにハイクラスな構成といえる。

 それでは実際にベンチソフトでスコアを計っていこう。ベンチマークは、まずPCの総合的な性能を計る「PCMark 10」から。

4Kノートベンチ

 総合スコアは5705という結果。基本性能を示す「Essential」は8814、ビジネスアプリの性能を示す「Productivity」は8078、コンテンツ制作における性能を示す「Digital Content Creation」は7077となった。

 さすがにゲーミングノートだけあって、基本性能においては高いスコアを記録。Microsoft Officeなどのビジネスソフトの使用はもちろん、映像編集などある程度のコンテンツ制作も可能だろう。

 CrystalDiskMark(バージョン6.0.2)を使って、ストレージ速度も計測してみる。

4Kノートベンチ

 シーケンシャルリードは2920MB/s、シーケンシャルライトは1588MB/sという結果になった。NVMe接続のM.2 SSDを搭載しているので、ストレージ速度は十分。ゲーミングでもストレスを感じることは少なそうだ。

 次は「3DMark」を使って3D描画の性能をテスト。まずはFHD解像度(1920×1080ドット)のテストである「Fire Strike」「Time Spy」でのベンチを計ってみる。

4Kノートベンチ
4Kノートベンチ

 DirectX 11の性能を計測するFire Strikeでは、17295というスコア、DirectX 12の性能を計るTime Spyのスコアは7449になった。ゲーミングノートとしてはスコアは上々といえる。ほとんどのゲームはFHD解像度で十分快適に動作するとみていい。

 ただ本製品は、4K有機ELディスプレーを搭載するノートPCであるので、このディスプレーを活かせる性能を持っているかも気になるところだ。そこで、4Kゲーミング用のテスト「Fire Strike Ultra」と「Time Spy Extreme」でもベンチスコアも計ってみた。

4Kノートベンチ
4Kノートベンチ

 スコアは、Fire Strike Ultraでのスコアが4798、Time Spy Extremeでのスコアが3479という結果になった。テスト中のfpsなどを見ると、やや厳しめな印象も受ける。

 しかし、これだけでは判断がつきづらいので、次はゲームのベンチマークソフトでもスコアを計ってみよう。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking