2019年10月11日12時00分

ドコモが140g台の超軽量スマホ「AQUOS zero2」の取り扱いを開始

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

ドコモが140g台の超軽量ハイエンド
シャープ「AQUOS zero2 SH-01M」の取り扱いを開始

 ドコモは10月11日、冬春モデルとして140g台と超軽量なハイエンドスマホ「AQUOS zero2 SH-01M」を発表した。4倍速表示の有機ELディスプレーと画面内指紋認証、デュアルカメラを搭載するのがトピック。予想価格は税抜8万円前後で、端末返却で36回分割払いのうち12回分が免除となる「スマホおかえしプログラム」の対象端末だ。

20191011aquos
20191011aquos
AQUOS zero2 SH-01M(アストロブラック)

 AQUOS zero2 SH-01Mの最大の特徴は、Snapdragon 855搭載のハイエンドスマホかつ6.4型有機ELディスプレーを搭載しながら、マグネシウム合金フレームの採用により重量わずか140g台と超軽量なこと。さらに、ディスプレーは120Hz駆動の表示更新に連動して黒画面を挿入することで、4倍速相当の表示を実現。10億色表示と毎秒240回のタッチ検出は動画鑑賞だけでなくゲームプレイにも最適だ。

 また、前機種「AQUOS zero」では本体背面に配置されていたが、AQUOS zero2は画面内指紋認証を採用。さらにリアカメラはシングル構成から標準+広角のデュアルカメラに進化している。

20191011aquos
20191011aquos
AQUOS zero2 SH-01M(ミスティホワイト)

 メモリー8GBでストレージは256GB、microSDXCスロットは用意されない。カラバリはアストロブラック、ミスティホワイトの2色。なお、AQUOS zero2はドコモとしては初のzeroシリーズ取り扱いとなる。

ドコモ「AQUOS zero2 SH-01M」の主なスペック
メーカーシャープ
ディスプレー6.4型有機EL(19.5:9)
画面解像度1080×2340
サイズ未定
重量140g台
CPUSnapdragon 855
2.8GHz+1.7GHz
(オクタコア)
内蔵メモリー8GB
内蔵ストレージ256GB
外部ストレージ
OSAndroid 10
最大通信速度(下り/上り)1576Mbps/131.3Mbps
VoLTE○(HD+)
無線LANIEEE802.11ac(2.4/5GHz対応)
カメラアウト:約1220万画素(F値1.7)
+約2010万画素(広角、F値2.4)
/イン:約800万画素(F値2.2)
バッテリー容量3130mAh
FeliCa/NFC○/○
ワンセグ/フルセグ×/×
防水/防塵○/○
生体認証○(画面内指紋、顔)
USB端子Type-C
Qi
カラバリアストロブラック、ミスティホワイト

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking