2019年09月27日17時00分

NTTドコモ、VR企業と共に5Gとデジタルツインを活用した実証実験

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
a

 建築向けVRソフトウェアを開発するSymmetry DimensionsとNTTドコモは、現実空間をバーチャル空間へ再現する「デジタルツイン」を活用して、建築・土木業界の次世代の働き方を実現する共同実証実験に合意した。

 ドローンやレーザースキャナーで取得した大容量の点群データを5Gを通じて「ドコモオープンイノベーションクラウド」上に収集して、バーチャル空間内に現実世界を再現するというもの。熟練技術者の高齢化による技術継承問題など、少子化による今後の労働力不足が深刻な建築業界の課題解決を目指すという。

 測量技師などはバーチャル空間内で何度でも調査・測量ができるため、稼働の削減や業務の効率化も期待できるとのこと。

 将来的には、エネルギーインフラの流れや交通インフラなどの様々な情報を付加し、バーチャル空間上で事故予測・故障予測といったシミュレーションを実施するなど、現実空間以上の価値を持たせることで革新的な働き方の実現を検討していくとしている。

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking