2019年07月10日13時45分

MacBook Air値下げで11万円台&13インチMacBook Proは4コアCPUの廉価機が登場

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 アップルは、MacBook Airと13インチMacBook Proの廉価モデルをリニューアル。前者はTrue Toneテクノロジーを搭載した上で値下げ、後者は4コアの第8世代Coreシリーズに変更された。なお、同時に12インチのMacBookがApple Storeから姿を消している。

True Toneテクノロジー対応以上に
値下げがうれしいMacBook Air

 まずはMacBook Air。2018年に完全新型として登場したが、2コアのCore i5(1.6GHz、最大3.6GHz)の搭載など、主な仕様に変更はなし。ただ、ディスプレーについては環境光に合わせて表示を最適化するTrue Toneテクノロジーに対応した。

11
学生・教職員なら税抜10万9800円から購入可能なMacBook Air。米国での新学期シーズンに合わせた値下げと考えられる(米国では1199ドル→1099ドル)

 また価格でも値下げを実施。8GBメモリー/128GB SSDモデルで税抜13万4800円から税抜11万9800円に。8GB/256GB SSDモデルは税抜13万9800円。

 本体サイズ/重量などのスペックは従来から変わらず、304.1×212.4×4.1~15.6mm/1.25kg。49.9Whバッテリーを内蔵し、インターネットでの利用で最大12時間としている。

見捨てられた(?)と思われていた
廉価版の13インチMacBook Proが4コアCPUで新登場

 続いては13インチMacBook Pro。従来、10万円台半ばの廉価モデルでは、2コアの第7世代Core+Touch Barなしの2017年モデルが継続して販売されていたが、4コアの第8世代Coreシリーズ+Touch Barありと上位モデルに近い仕様に進化した(Thunderbolt 3は上位モデルと異なり、2ポートのまま)。

11
TB3が2ポートと上位モデルとの差別化こそ維持されているが、4コアCPUになって13万円台からの価格がうれしい新13インチMacBook Pro

 搭載されるCPUは1.4GHz動作(最大3.9GHz)のクアッドコアCore i5で、オプションで1.7GHz動作(最大4.5GHz)のクアッドコアCore i7を選択可能。

 Core i5/8GBメモリー/128GB SSDで税抜13万9800円、Core i5/8GBメモリー/256GB SSDで税抜15万9800円。本体サイズ/重量は上位モデルと共通で、304.1×212.4×14.9mm/1.37kg。58.2hバッテリーを内蔵し、インターネットでの利用で最大10時間。


■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking