2019年06月26日10時00分

インドで売っているパナソニックのスマホは中国のTVメーカーが作っていた

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
451
中国家電メーカーのブースで発見したスマホ、パナソニックだった

 海外では日本のスマートフォンメーカーの存在感が年々薄くなっています。とはいえ、ソニーのウルトラワイドディスプレーを採用したXperia 1/10シリーズは久しぶりに人気になっているようですし、アメリカでは京セラのタフな端末が今でも売られています。しかし、すでに日本から撤退したメーカーのスマートフォンが特定地域で販売されているのはご存じでしょうか。それがパナソニックのスマートフォンです。

451
パナソニックインドのスマートフォン公式ページ

 インドではパナソニックのスマートフォン新モデルが年間数機種投入されており、価格の安さから人気になっているとか。パナソニックが日本で出していたころのハイエンドモデルではなく、大きい画面に性能の良いカメラを搭載した、コスパに優れたモデルを集中的に投入しています。しかも、それらの製品はパナソニックではなく海外のODMメーカーが製造しています。

 6月中旬に上海で行われたCES ASIA 2019に出展していたKONKAのブースへ行くと、同社の最新スマートフォンが展示されていました。KONKAはTVで有名な中国の家電メーカー。中国や新興国向けにミッドレンジのスマートフォンを販売しています。

451
KONKAブースのスマートフォン展示コーナー

 「N1」は6.19型HD+ディスプレーに1600万画素+200万画素のデュアルカメラ、CPUにHelio P22を搭載したミッドレンジモデル。4000mAhの大型バッテリーは急速充電にも対応するとのこと。ディスプレー上部に欠き取りのあるノッチデザインはちょっと前のデザインですが、価格は200ドル台後半とのことです。なお、海外向け版が展示されておりGoogle Play搭載、日本語ロケールも載っていました。

451
ノッチディスプレーのN1

 背面は光沢仕上げでグラデーションをかけた色合いは最近の流行を取り入れたもの。指紋が付きやすいのは、このクラスの価格の仕上げでは仕方ないところでしょうか。

451
2019年の流行ともいえる光沢+グラデーション仕上げの背面

 このN1のカラバリモデルがあったので背面を見てみると、そこには「Panasonic」のロゴが入っています。このN1はパナソニックインド向けに展開しているということで、Konkaが一部の製品の製造を請け負っているというわけです。なお、インドでは「ELUGA Z1 Pro」として販売、カメラは1300万画素+200万画素と若干仕様を変更。価格は19999ルピー(約3万1000円)とのこと。

451
N1のパナソニック向けモデル。カラーや一部の仕様が変更されている

 ブースには水滴型ノッチを採用する「N3」も展示されていました。ディスプレーサイズは6.217型、CPUがHelio P22で4000mAhバッテリーの搭載はN1と同じ。カメラのスペックは未定ですが1つは深度測定用とのこと。

451
水滴型ノッチのN3

 このN3もパナソニックブランドで発売予定とのことです。型番は未定ですが、夏くらいにはインドで販売されるのではないでしょうか? 現在のパナソニックインドのスマートフォンはノッチディスプレーの製品が多く、このN3が投入されれば最新のディスプレーデザインの製品ということで人気になりそうです。

451
おそらく隠れている部分にPanasonicのロゴが印刷されている

 KONKAのスマートフォンは他の中国メーカーに押されて劣勢ですが、コスパがよく高品質な製品も多く、パナソニックなど有名メーカー向けの製品としての展開で生き残りを図っています。インドのパナソニックスマートフォンファンを増やすためにも、KONKAにはこれからもがんばってほしいものですね。

451
これからもパナソニック向けにいい製品を供給してほしい

山根康宏さんのオフィシャルサイト

「スマホ好き」を名乗るなら絶対に読むべき
山根博士の新連載がASCII倶楽部で好評連載中!

スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典

 長年、自らの足で携帯業界を取材しつづけている山根博士が、栄枯盛衰を解説。アスキーの連載「山根博士の海外モバイル通信」が世界のモバイルの「いま」と「未来」に関するものならば、ASCII倶楽部の「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」は、モバイルの「過去」を知るための新連載!

 「アップルも最初は試行錯誤していた」「ノキアはなぜ、モバイルの王者の座を降りたのか」──熟練のガジェットマニアならなつかしく、若いモバイラーなら逆に新鮮。「スマホ」を語る上で絶対に必要な業界の歴史を山根博士と振り返りましょう!

→ASCII倶楽部「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」を読む

ASCII倶楽部は、ASCIIが提供する会員サービスです。有料会員に登録すると、 会員限定の連載記事、特集企画が読めるようになるほか、過去の映像企画のアーカイブ閲覧、編集部員の生の声を掲載する会員限定メルマガの受信もできるようになります。さらに、電子雑誌「週刊アスキー」がバックナンバーを含めてブラウザー上で読み放題になるサービスも展開中です。

→ASCII倶楽部の詳細はこちらから!

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking