2019年05月23日06時00分

スポーツチームは自分たちのブランドパワーを理解しきれていない

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 サッカーJ1リーグの横浜F・マリノスとヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパンがスポンサー契約を結んだ。ヘイズはエグゼクティブなグローバル人材、スペシャリスト専門の人材紹介企業だ。ロゴの掲出など通常のスポンサー活動だけでなく、人材面でもマリノスを支援する。イギリス本社から来日したHays、Sholto Douglas-Home(ショルト・ダグラスホーム)CMOに同社の考えるスポンサーのあり方、マーケティングにおけるスポーツの重要性などについて話を聞いた。

5
Hays Sholto Douglas-Home(ショルト・ダグラスホーム)CMO

 ヘイズはイギリスに本社を持つグローバル人材紹介サービス企業。日本ではヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパンとして2001年より展開、財務、フィンテック、マーケティング、人事、法務など17の分野で専門性の高いスペシャリストを紹介している。大手グローバル企業を中心に多数の実績があるという。

 2019年4月11日に発表した横浜F・マリノスとのスポンサー契約の下、オフィシャル・リクルートメント・パートナーシップとして人材紹介、トレーニングウェアやインタビューバックボードへのロゴ掲出や試合当日のLED広告などを実施する。横浜F・マリノスが傘下に入っているイギリスのシティ・フットボール・グループとはすでに提携関係にあり、マンチェスター・シティFCの男女チーム、ニューヨーク・シティFCでも同様にリクルートパートナーを務めている。

5
ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパンは4月11日、横浜 F・マリノスのオフィシャル・リクルートメント・パートナーへの就任を発表。3年間、スポンサーシップを務める。

――ヘイズのマーケティング活動においてスポーツの重要性は?

Douglas-Home氏 我々は世界の複数の国で展開しており、それぞれの地域で、ITや財務など我々がスペシャリストを抱擁する業界のイベントでスポンサーをしています。平行して、グローバルでのスポンサー活動も展開しています。

 そこでは、文化的な協力とスポーツのスポサード検討しました。スポーツでは、テニス、ラグビー、ホッケーなどで検討しましたが、中でもサッカーはとくに重要です。世界的なスポーツであり、世界全体でのヘイズのプロモーションで最も有効なスポーツと考えました。

 そこで、サッカーの中でも、ヘイズと同じ価値観を持ち、ヘイズの展開している国々にクラブを持つシティ・フットボール・グループと提携することにしました。2013年の提携以来、マンチェスター・シティの男女チーム、ニューヨーク・シティを支援してきました。そして今回横浜F・マリノスとの提携に至りました。

 シティ・フットボール・グループはアメリカや中国、オーストラリア、スペインなどにもクラブを持ちますが、日本での知名度を上げることが優先課題であり、今回、横浜F・マリノスと提携することにしました。横浜F・マリノスには、3つの魅力を感じています。1つ目として、横浜F・マリノスは歴史があり尊敬されているクラブであるということ、2つ目は横浜F・マリノスとシティ・フットボール・グループが抱く哲学や戦略を支持していること、3つ目として育成に伝統があること、です。特に3つ目の育成は、ヘイズにとって大きな魅力です。若いプレイヤーの育成とビジネスとしての選手への投資という姿勢を尊敬しています。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking