2019年05月13日11時00分

映像クリエイターにも最適なマウスコンピューターのDAIVシリーズ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
DAIV

 5月9日に、東京目黒区にあるBlackmagic Designのオフィスにて、NAB2019新製品展示会が行なわれた。

 4月にラスベガスで開催されたNAB Showに数多くの新製品を出展したが、そのなかから「HyperDeck Extreme 8K HDR」や「ATEM Constallation 8K」などの8K対応機器ならびに編集ソフト「DaVinci Resolve 16」などが、日本で初のお披露目となった。

DAIV
8K対応のハードウェアとソフトウェアが日本で初お披露目

 ブラックマジックデザインは、ハイエンド向け映像機器や編集ソフトを手がけてきた米国の企業で、世界各国へ展開している。

 日本には発表会が行なわれた東京と大阪にも拠点があり、比較的低価格で編集ワークステーションを実現できるため、映像業界やクリエイターに人気も高く、この日の発表会にも大勢の人たちが詰めかけていた。

 今回発表された8K対応機器は、数年前までBlackmagic Designとしては絶対にないと言っていたが、2年前にグラント・ペティーCEOがInterBEEへ訪れた際にNHKの8Kコンテンツなどに触れ、8Kコンテンツの需要は高まっていると判断。今回のハードウェア製品の発表につながっている。

DAIV
今回デモが行なわれていた新製品の一部。左上が8K対応放送デッキ「HyperDeck Extreme 8K HDR」(7月発売予定・56万7800円)、右上が最大8台まで接続可能なデッキコントローラー「HyperDeck Extreme Control」(7月発売予定・14万7800円)、下段がUltraHD対応スイッチャー「ATEM Constallation 8K」(113万8000円)

 一方、ノンリニアビデオ編集ソフト「DaVinci Resolve 16」は、8K編集に対応しつつ、新たにカットページ機能が搭載され、リニアビデオ編集のようなサクサクとクリップを見つけ、スピーディーな編集作業が行なえるようになった。

 これもグラント・ペティーCEOが、日本ではまだリニアビデオ編集で作業をしている人が多いことを知り、その理由の1つが作業を速くできることだと聞き、ノンリニアビデオ編集でありながらリニアビデオ編集のような軽快さを実現しようとしたものだ。

DAIV
カットページ機能。デュアルタイムラインでズームイン・アウトをすることなくサクサクと作業を進められる

 ほかにもAIを活用した機能も追加されている。たとえば、人の除去を自動で行なったりできるオブジェクトリムーバーや、人の顔を識別して同じ顔のあるクリップを自動的に抽出してくれたりする。

 また、7月発売予定の「DaVinci Resolve Editor Keyboard」も合わせて利用すれば、ほとんどマウスを使わずとも編集作業が可能となり、さらに軽快な環境を手に入れられる。

DAIV
顔を認識して同一人物が映っているクリップをフォルダーごとに分けてくれる
DAIV
「DaVinci Resolve Editor Keyboard」を組み合わせれば、さらにスピーディーに作業ができる

 会場では、今回紹介した新製品を中心に展示されていた。こういった映像編集では、ハイエンドなパソコンが要求されるが、「DaVinci Resolve 16」を動作させ編集用機器が接続されて展示されていたのが、マウスコンピューターのDAIVシリーズである。

 クリエイター向け機器として販売されているDAIVシリーズだが、ブラックマジックデザインがこのようなデモを行なう際に以前から貸し出しているという。

 特に編集用機器との接続検証はなかなか行なえるものでもないため、マウスコンピューターとしてもフィードバックが得られて今後の開発にも役立っているとのことだ。

DAIV
編集用コントローラーを接続して「DaVinci Resolve 16」が操作可能。使用しているマシンは「DAIV-BNG5800S1-S2」(18万9800円)
DAIV
こちらのマシンは、メモリーやストレージを増強させた「DAIV-NG5800U1-VG」(25万9800円)

 また、今回の新製品ではないが、デスクトップタイプのDAIV-DGX760シリーズに4K4系統入力対応のキャプチャーカードを搭載して、リアルタイム映像配信をするデモも行なっていた。

 eスポーツを想定した構成で、カメラ2台とパソコン2台を接続。ゲーム画面とプレイヤーの表情を4分割で表示したり、PinP表示したりなどを可能にしている。

DAIV
DAIV
DAIV
DAIV-DGX760シリーズに4K4系統入力対応のキャプチャーカードを搭載し、動画配信を想定したデモ

 CP+では、Photoshopを使ったカメラユーザー向けのデモを行なっていたり、今回は映像編集分野でのデモをするなど、クリエイティブな活動をサポートするDAIVシリーズ。マウスコンピューターはプロが使っても満足のいく製品づくりを目指している。

●関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking