2019年04月27日14時00分

ラックスマン、重箱式ラズパイオーディオの最新状況を説明

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
OSECHIBOX

 4月27日と28日の2日間、東京・中野サンプラザで開催中の「春のヘッドフォン祭 2019」。その会場でラックスマンはワンボードオーディオコンソーシアム(1bc)と共同で発表会を開催。開発中の「AUDIO OSECHI BOX」の最新機能について説明した。

OSECHIBOX

 ラズベリーパイを使ったオーディオシステムを提案。過去のイベントなどでも試作機を展示してきたが、製品化に向けて着々と機能が追加されている。

 ソフト面(1bcが開発中のLinuxディストリビューション)の改良点としては、パソコンで購入したファイルをNASやHDDに保存する不便さを解消するため、メガテックエレクトロニクス社と共同で「Diretta」というネットワークDAC機能の利用ができるようにしたことがある。これによりパソコン側に保存したファイルを直接、ALSA(Advanced Linux Sound Architecture)に伝送できるようになる。

OSECHIBOX
Direttaの特徴
OSECHIBOX
NASからの再生より揺らぎが少ない
OSECHIBOX
ASIO対応機器として認識
OSECHIBOX
Roonとの連携も非公式だが可能に

 Direttaにより、NASからの再生した場合と比べ、揺らぎ成分を非常に少なくできる。また、IPv6を使うことで、USBケーブルにDACをつなぐという感覚で、LANケーブルをつなげばすぐDACが使えるようになる。対応機器は、ドライバーをインストールしたWindowsからはASIOデバイスとして見える。パケットを小刻みに送信することでバッファーやフローコントロールが不要という点もメリットだ。Windows版に加え、Mac/CoreAudio版とLinux版のドライバーも提供予定だ。なお、正式にはうたっていないが、「Roon」との連携ができる。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking