2019年04月15日06時00分

地方の料理人を支援する「アスラボ」が、東急TAP2018最優秀賞を獲ったワケ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 東京急行電鉄は、スタートアップとの事業共創プログラム「東急アクセラレートプログラム」を実施している。3月22日に開催された「JAPAN INNOVATION DAY 2019」のセッション「事業共創の裏側を大公開! 東急アクセラレートプログラム2018」では、3月20日のDemo Dayで最優秀賞を受賞したアスラボと共創先の東急百貨店が、その舞台裏と今後の計画についてトークを展開した。

a2
登壇者は、アスラボ代表取締役社長 片岡義隆氏、共創先である東急百貨店からは伊藤正貴氏と小川 妙子氏。モデレーターは、東京急行電鉄 加藤由将氏が務めた
a2
東京急行電鉄 加藤由将氏
a2
(左から)東急百貨店 伊藤正貴氏、小川妙子氏、アスラボ代表取締役社長 片岡義隆氏

 東急アクセラレートプログラム(TAP)は、百貨店、スーパー、ホテル、フィットネスクラブなど、東急グループのもつさまざまな事業領域のリアルな顧客接点を活用して、用途開発、社会実装支援、さらには業務提携及び出資が受けられるオープンイノベーションプラットフォーム。ほかのアクセラレートプログラムとの違いは、365日いつでも応募を受け付け、月に1回審査をしていること。また、出資が目的ではないため、ミドル、レイター、上場後でも応募できるのが特徴だ。2015年からスタートし、今年で第4期目。これまでに累計503件の応募があり、6社と業務・資本提携を締結し、累計出資額は十数億円を超える。

 事業共創先として、東急グループの15の領域を設定していたが、2019年4月1日からの第5期には、新たに東急不動産ホールディングスが参画し、都市開発領域を強化。より幅広いスタートアップ支援が実現される。また7月には、渋谷駅徒歩1分の場所にオープンイノベーションラボ「SOIL」を開業する予定だ。

アスラボ横丁の料理人が渋谷ヒカリエで東京初上陸の逸品を披露

a2
アスラボ代表取締役社長 片岡義隆氏

 第4期の最優秀賞となったアスラボは、場所×ITで料理人の起業・経営を支援するサービスを展開している(参考記事:飲食起業で廃業率0%「アスラボ横丁」×ヒカリエが最優秀賞獲得)。横丁という場と、ITツールにより起業から経営、マーケティングまですべてバックアップするのが特徴で、シェアリングによるローコスト経営と、独自開発の効率化ツールの提供により、出店のハードルを下げ、廃業率も極めて低い。現在は全国5ヵ所で複数の飲食店が集まるアスラボ横丁を展開しており、今期は20ヵ所への拡大を目指す。

a2
場所と人材を発掘し、起業から経営の効率化までをトータルで支援

 東急百貨店との共創では、アスラボの発掘力を生かし、全国的にはあまり知られていない希少食材を使ったフェアを企画。九州・四国エリアの食材を、アスラボのITプラットフォームと地元メディアの協力により募集し、50の応募から4つに厳選。横丁の料理人によるオリジナルメニューだけではなく、既存の店舗にも特別メニューを開発してもらい、渋谷ヒカリエShinQsのフードフロアでイベントを開催する予定だ。

a2
5月9日~6月5日の4週間、「地方横丁料理人が集結! 東京初上陸 美味しいものフェア 四国・九州 希少食材編」渋谷ヒカリエ ShinQs地下3階フードフロアにて開催

 魅力的な企画だが、東急百貨店上層部の承認を受け、既存店舗も巻き込み、企画の実現へとつなぐのは簡単ではなかっただろう。東急百貨店社内の推進役である伊藤氏、現場の食品フロアをマネジメントする小川氏、スタートアップ側のアスラボ 片岡氏、それぞれの視点から、取り組みに至るまでの背景が語られた。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking