2019年03月27日12時00分

中国でも久々に好調なGalaxy S10を見に上海と深センのGalaxy Studioに訪問

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

中国のGalaxy Studioで
サムスンの復活を実感

 スマートフォン世界シェア1位のサムスン電子ですが、ここ数年で世界最大のスマートフォン市場、中国ではシェアが大きく下落してしまいました。ハイエンド製品は高性能ですが価格が高く、ミッドレンジモデルは毎月のように登場する中国メーカーの製品に目新しさで追い抜かれてしまっていたのです。

438
上海のGalaxy S10展示イベント会場

 しかし、2019年最初のフラッグシップモデル「Galaxy S10」は中国で久しぶりにサムスンが注目を浴びています。

438
中国でも久しぶりに元気を取り戻したGalaxy

 3月11日のGalaxy S10発売に合わせ、中国の主要16都市では特設展示場となる「Galaxy Studio」が展開されています。筆者は上海と深センの店を訪れましたが、平日昼間でも来客は次々とやってくるようで、注目の機種であることがよくわかります。中国の報道によると、Galaxy S10シリーズは発売後1週間で50万台が売れたとのこと。これは一年前のGalaxy S9の約4倍のペースとのことです。

438
上海は8月18日まで開催中

 中国では「Galaxy S10」「Galaxy S10+」「Galaxy S10e」の3モデル展開。来客者たちの動きを見ていると、最上位モデルのGalaxy S10+のインフィニティ-O ディスプレイ内のデュアルフロントカメラに注目する人が多いようです。

438
中国では3モデル展開

 中国での価格はGalaxy S10+のメモリー12GB+ストレージ1TBモデルが10999元(約18万円)とかなりの価格。それでも1TBのストレージが魅力的に映る人は多いようで「どうせ買うなら一番上のモデルだよな」などと話している若者客も。なお、8GB/512GB版は8699元(約14万3000円)、8GB/128GBは6999元(約11万5000円)。

438
こちらは深セン電脳街(華強北路)のGalaxy Studio

 一方Galaxy S10の価格は8GB/128GBで5999元(約9万4000円)、8GB/512GBで7699元(約12万7000円)。メモリはあるに越したことはありませんが、Galaxy S10の512GBモデルを買うよりもGalaxy S10+の128GBモデルを購入するほうが、全体的な性能を考えるとお得感があるかもしれません。事実、韓国などではGalaxy S10+の128GBモデルの品切れが続くほど売れているとか。

438
Galaxy S10にするかS10+にするか、悩んでいるお客さんもいた

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking