2019年03月10日10時00分

ウォークマンの高音質をスマホで生かせる「NW-A50」:Xperia周辺機器

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
20190310Xperiakunkoku

ウォークマンの高音質をXperiaで生かせる
スーパーサブの再生機「NW-A50シリーズ」

 ソニーの「ウォークマン」と言えば、昔懐かしいカセットテープに始まり、CDやMD、メモリーなど媒体を変えながらもポータブルで音楽を聴くプレーヤーの代表でした。

 「音楽を聴くなら音楽プレーヤー」の一択しかなかった時代から、今ではもうすっかりXperiaなどスマホでも当然同様のことができるようになりました。しかし、あえて今そのウォークマンとXperiaとを組み合わせて使うおもしろい機能があるのでご紹介しましょう。

20190310Xperiakunkoku

 ウォークマンのスタンダードモデル「NW-A50シリーズ」には、音楽をより良い音で聴くための技術が盛り込まれています。

 アルミキャビネットのボディーによりクリアで力強い低域の量感をアップ、基板とバッテリー線材の接続部分に金の入った高音質無鉛はんだを採用して、そこに微量なAu(金)を添加することで、ノイズ感やひずみ感のない音を再現。

 サンプリング周波数に合わせて44.1/88.2/176.4kHz(CD/DSD系)と48/96/192kHzのデュアルクロックを搭載するほか、フルデジタルアンプ「S-Master HX」の電源部にノイズが少なく良質な電力を供給できるコンデンサー「POSCAP」を5基搭載。

 固定するビスに導電性のあるものを採用したり、電源部に低抵抗ケーブルを採用したり、基板の一部を銅メッキで穴埋めするフィルドビア(Filled VIA)構造など、スマートフォンにはないこだわりのパーツや技術が投入されています。

20190310Xperiakunkoku

 ハイレゾ音源は最大192kHz/24bitまで再生可能で、DSDの再生(DSD 11.2MHzまで)をリニアPCM変換により再生できるほか、384kHz/24bitのリニアPCM音源のダウンコンバートにも対応。

 ヘッドフォン出力は単独で35mW+35mWもあります。圧縮音源をハイレゾ相当に補完する「DSEE HX」はAI機能を搭載しており、曲のタイプを自動で判別することで 高音域の補完性能がさらに向上します。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking