2019年02月22日07時00分

6万円台高コスパ13.3型ノートPCは使いやすさに気を配った1台、LTE対応も!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

モバイル用途を想定したインターフェース

 つづいて、インターフェースをチェック。USB 3.0(Type-A)3基と、モバイル用途を想定したノートとしてはUSB端子が充実している。よほど色々接続したい人でなければ、アダプターなどを別途用意する必要はないだろう。また、HDMI、ミニD-sub 15ピンでの映像出力にも対応している。プロジェクターや別途ディスプレーを使ったプレゼン、結婚式でのスライドショーといった機会にもスタンドアロンで対応できるのは心強い。

マウス0220
本体左側に有線LAN端子、HDMI端子、SDカードスロット、USB 3.0端子を配置
マウス0220
右側にマイク入力、ヘッドフォン出力、USB 3.0端子、ミニD-sub 15ピンを備える

 そのほか、SDカードスロット、有線LAN、マイク入力、ヘッドフォン出力も備える。インターフェースはかなり充実していると評価できる。ディスプレー上部にはインカメラを搭載。ビデオチャットや配信にも活用できるだろう。

ほどよい打鍵感と、クリック独立型のタッチパッド

マウス0220
標準的なレイアウトでキーピッチも広く使いやすいキーボード

 キーボードは標準的なレイアウトで、キーピッチは公称18.75mmとなかなか広い。ストロークは1.5mmと、モバイルノートとしては良好な深さを確保している。打鍵感としては、認識率もよく、弱く打っても強く打っても、誤入力や入力ミスは起きにくい。キーの沈み方は、どちらかというと軽めの感触だ。

 モバイルノートだと、エンターやバックスペースキーが異様に狭くなっているケースもあるが、本機の場合は昔ながらの日本語入力向けキーボードらしく、エンター、バックスペース、スペースはかなり広めにとってある。キーボード脇にデッドスペースもほとんどなく、13.3型のサイズを有効に活かしたレイアウトだ。

 タッチパッドはクリックボタンが独立しているタイプ。クリックボタンはパッドの下部にレイアウトされているから、タイピング中、親指でパッドを操作しながらクリックする人は注意してほしい。反応は良好で、試用した限りでは、カーソルが狙ったポイントに移動しないといったことはなかった。

コスパ高で使い勝手の良さが特長

マウス0220
高いコスパが魅力で、初めての1台にもオススメ

 総評すると、m-Book J321SN-S2は、プロセッサーにCeleron 3865Uを採用してコストは抑えつつ、そのほかの部分にはきちんと気を配った使いやすいノートパソコンだ。特にインターフェースの充実度、打ちやすいキーボードなどは本機の特徴で、「それほど負荷の高い作業はしないから、適度に性能がよく、使いやすいノートがほしい」といった需要にはぴったりだろう。

 なお、本機はオプションから7800円(税別)でLTE通信機能を持たせることが可能だ。LTE通信対応機を試用しているので、次回はSIMと組み合わせて、LTE通信に対応させた状態での使用感をチェックしたい。

試用機の主なスペック
機種名 m-Book J321SN-S2
CPU Celeron 3865U(2コア、1.80GHz、2MB スマートキャッシュ)
グラフィックス インテル HD グラフィックス 610
メモリー 4GB
ストレージ 240B SSD
ディスプレー 13.3型 フルHDノングレア(1920x1080/LEDバックライト)
内蔵ドライブ
通信規格 有線LAN(1000Base-T/100Base-TX/10BASE-T(RJ-45))、無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n)、Bluetooth 4.2+LE
インターフェース USB 3.0×3、HDMI×1、D-sub×1、ヘッドフォン出力/マイク入力、マルチカードリーダー
サイズ/重量 およそ幅324×奥行234×高さ25.0mm/約1.5kg
OS Windows 10 Home(64bit)

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking