2018年01月12日11時00分

5万円強で組める!「Athlon 200GE」搭載PC自作は超オススメ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 7000円前後という魅力的な価格を実現する「Athlon 200GE」だが、気になるのは、そのパフォーマンス。特にPC使用時間の大半を占めることになる日常作業系のCPUパフォーマンスは、ライトユースでは重要ポイントだ。

 インテルのローエンドCPUで、9000円前後の「Pentium Gold G5500」(2コア4スレッド、3.8GHz)と比較した加藤勝明氏のレビュー記事【「Athlon 200GE」はPentiumにGPU性能で勝るライトユースの決定版だ】から幾つか抜粋してみると、そのパフォーマンスは同等といった感じになっている。

 まずは、すべての動作のベースとなるCPUパフォーマンスを「CINEBENCH R15」と「PCMark10」のExtended Testの結果から見ていこう。

Athlon200GE
「CINEBENCH R15」のスコアー
Athlon200GE
「PCMark10」Extended Testの総合スコアー
Athlon200GE
「PCMark10」Essentialテストグループのスコアー
Athlon200GE
PCMark10」Productivityテストグループのスコアー
Athlon200GE
「PCMark10」Digital Contents Creationテストグループのスコアー

 コアとスレッド数は同じだが、Athlon 200GEより600MHz高いクロックで動作するPentium Gold G5500が、概ね優位なスコアーになっており、定番の「CINEBENCH R15」ではZenアーキテクチャで、クロックが低いこともあり、マルチスレッドで約11%遅くなっている。

 システム全体のパフォーマンスを計測する「PCMark10」でも、Pentiumの高い動作クロックが効いているが、Extended Testの総合スコアーは互角になっており、Essentialsテストなど、各テストではAthlon 200GEが圧勝または僅差となっているテストも見受けられる。

 また、日常作業のEssentials、表計算や文書作成といったオフィス系作業のProductivity、映像、写真の編集系作業のDigital Contents Creadtionの1,000円あたりのスコアーを求めてみると、Athlon 200GEが約1.2倍高スコアーと、コストパフォーマンス面はAthlon 200GEが優秀になっている。

Athlon 200GEとPentium Gold G5500のスコアー比較
Athlon 200GEPentium Gold G5500
PCMark10 Extended Test7000円前後9200円前後
Essentials70277655
1000円あたりのスコアー1003.86832.07
Productivity59126344
1000円あたりのスコアー844.57689.57
Digital Contets Creation23982437
1000円あたりのスコアー342.57264.89

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking