2019年01月09日11時30分

「iPhoneを探す」とApple Watchでケータイと財布を取り戻した話

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 2019年になりました。本年も、モバイルを中心としたテクノロジー時代の話を、皆様と考えていこうと思います。引き続きのご愛読、よろしくお願いいたします。

 年頭のご挨拶もそこそこに年末の話に戻るのもおかしな話ではありますが、今回はバークレーでiPhoneと財布をすられてしまい、それを取り戻した話をします。

 それにしても、年末の日本への帰省前というのはいつもバタバタしており、なんらかの事件が巻き起こります。

 2017年12月には帰国する直前に、公園の脇に停めていたクルマをぶつけられてしまいました。夕方なんとか修理工場へ運び込むことができ、米国に戻る3週間後までには相手の保険で修理が済んでいるだろうと思っていました。

 ところが「Deemed Total Loss(全損扱い)」という手紙が届いており、廃車になってしまいました。そのため、新年から中古車探しをしなければならなくなった、というわけです。

 そして2018年末は、ちょっとした気の緩みから、事件が発生してしまいました。

11
iPhoneやAndroidでは、端末が見当たらない場合、その位置を示してくれるサービスがあります。しかし、盗難された場合などは追跡にリスクもともないます

7年もアメリカにいて、ついに油断をしてしまう

 12月30日のお昼に、久々に会った友人と知角野デリでランチを取っていました。12月にしては晴れた暖かい日で、「パークレット」と呼ばれる道路の駐車スペースを転換して作られた屋外の席に座っていました。

 そのとき、近くのベンチにぽんと置いた家人のコートの中に、iPhoneと財布を入れっぱなしにしていたのです。今ふりかえると、7年も米国にいて、そんな真似をしたことはなかったのですが……。

 話に花が咲いているなかで、この前行ったお店の話だったか、知り合いのInstagramの写真の話をしようとiPhoneを探したら、手元にない。入れていたはずのコートにもない。また、普段はiPhoneと常につながっているはずのApple Watch上でも、iPhoneとの接続がない状態と表示されていました。

 そこで、「盗られた!」と気づきました。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking