2018年10月24日19時45分

VR体験者の脳血流や心拍を分析するデバイスが開発

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 NeUとFOVEは、VR視聴時の視線情報や脳活動の同時取得が可能な一体型デバイスを共同開発した。このデバイスを活用したサービス「Neu-VR」を、11月から企業向けに提供する予定。

NeUVR
写真は開発中のもの

 このデバイスは、FOVEの視線追跡型VRヘッドマウントディスプレイ「FOVE 0」に、NeUのNIRS脳活動計測センサー「HOT-1000」を組み込んだもの。VR体験中の脳血流や心拍、視線のトラッキング・占有率、まばたき、瞳孔径といった複数の生体指標を分析可能とする。VR内の興味関心や集中、注意などを可視化・数値化することも可能だ。サービスの対象としては、企業のデザイン設計での活用やVRコンテンツの評価などが想定されている。

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking