2018年10月09日11時00分

モンスターハンター:ワールドも快適!小型ながらLEDのカスタムも充実なゲーミグPC

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
Aegis8
背面のインターフェースは、USB端子と外部出力充実。上部の取っ手を持ちながらケーブルを挿しこめるのがグッド
Aegis8
フロントにはUSB Type-Cポートも備わっている。最近、USB Type-Cは増えてきているが、背面のみ搭載していることが多い。USB Type-Cの製品も増えてきているので、取り付けやすくてうれしい

 前面の左右上部には折り畳み式のヘッドホンホルダーを搭載。ヘッドホンをかけたり、最近だとVRヘッドセットをかけておくにも役に立ちそうだ。

Aegis8
左右対称に装備されたヘッドホンホルダーは、自分なりの用途で重宝しそう。たとえば、USBケーブルをかけておくなんて使い方もアリだろう

 シャーシに備わったLEDはプリインストールされたMSI製のソフト「Mystic Light」でコントロール可能。フロントフェイスに搭載された4つのLEDをはじめ、それぞれ別々の色を指定でき、点滅などのエフェクトも設定できる。

 日本ではあまりなじみがないが、PCを持ち寄って遊ぶことができるLANパーティーなどでは目立ってなんぼの世界なので、このLED類はかなり効果的だろう。さらに、マウスとキーボードはMSI製のゲーミング用が標準で付属している。VIGOR GK40はPCと同じくMystic Lightにより、LEDの色を自由に変えることができる。

Aegis8
Mystic Lightでは動きのあるLEDの色指定が可能で、場所ごとに設定を変えられる
Aegis8
フロントフェイスに仕込まれたLEDは、それぞれ別の色に変えられる。Mystic Lightは、スマホアプリも配信されている。アプリを使えば、無線LAN経由でPCと簡単に接続し、手元で色を変えられるので便利だ

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking