2018年08月07日13時30分

働き方改革に満足しない従業員は約57%

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
1

 イトーキは、全国の従業員規模500名以上の企業に所属する男女計400人を対象に実施した「働き方とオフィスに関する意識調査」の結果を発表した。調査方法はインターネット調査で、調査地域は全国。調査期間は5月12日〜5月14日。

一

 「あなたは自社の『働き方改革』に満足していますか」と聞くと、「大変満足している」は3.25%、「やや満足している」は40.0%、「あまり満足していない」は43.5%、「全く満足していない」は13.25%。過半数の従業員が満足していないとわかった。

1

 「あなたは自社の『働き方改革』に満足していますか」と「あなたはお勤めのオフィス環境には満足していますか」の質問をクロス集計。オフィス環境に満足する従業員の約90%が、自社の働き方改革にも満足しているとわかった。 ワーカーの満足するオフィス環境をつくることが、働き方改革の満足を高める可能性があるとしている。

1

 「次のうち今後取り組みたい働き方改革の施策は何ですか」と聞くと、「休暇取得の促進(育児・介護休暇、有給休暇など)」「テレワークの導入(自宅、コワーキングスペースなど)」「オフィスの改善(集中スペースなどの新たな『場』の設置、レイアウト変更など)」が上位にランクインした。

 また、20〜30代と40代以上を比較すると、20〜30代の回答が全項目において、働き方改革に取り組みたいと考える割合が高いとわかった。とくにテレワークの導入やオフィスの改善などの働く場所・環境の変革に取り組みたい意向は、20〜30代の方が10%以上高く、世代による働き方改革の意識の差が現れたとしている。

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking