2018年05月17日17時00分

4Kパススルーにも対応の鉄板ゲームキャプチャー「AVT-C878 PLUS」が便利すぎる

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

録画も配信も楽なソフト「RECentral4」で死角ナシ

 前述のとおり、PCモードでは専用の配信用アプリケーション「RECentral4」でより細かい録画・配信設定が可能だ。とくに何かと手間になりがちな、ゲーム画面以外の映像・静止画・文字ソースを入れるのが楽であり、用途をよく意識した仕上がりなのは好感が持てる。また以前の配信ソフトウェア「RECentral3」では感じられた動作の鈍さが、最新のRECentral4では大きく改善されており、配信時の操作性が向上しているのも嬉しい。なお、プレビュー画面の遅延はPS4のメニュー操作でも露骨に感じられるほどで、配信プレビュー画面を見ながらのゲームプレイはあまり現実的ではない。素直にパススルーしたゲーム画面を見ながらプレイするべきだろう。

AVerMedia
独自の配信ソフト「 RECentral4」。従来ソフト「 RECentral3」に比べてもっさり感がなく、昨日も豊富でストレスなく使える

 RECentral4のキャプチャーモードは、複数のソースを使用する「Multi」と単一ソースの「Single」を使い分けられる。出番が多いであろうMultiモードは、Webカメラなどのデバイスや特定のエリアのスクリーンキャプチャー、ビデオ、画像、テキスト、Webサイトなどをキャプチャーに加えられるほか、ソースごとのオン/オフも可能。事前にシーンを登録しておけば、離席時の専用画面にワンクリックで切り換え可能と、リアルタイム配信に便利な機能がしっかり揃っているのもいい。

AVerMedia
PCのデスクトップ画面やカメラ映像など、ソースの追加自由度は高い
AVerMedia
追加したソース、およびメインソース(この場合はPS4の画面)の位置や重ね順、サイズの変更も可能

 とりあえず録画してみたい場合は、画面右下にある「Recボタン」をクリックするだけでOKだ。録画設定は以下のスクリーンショットの通り。ある程度のPCスペックは必要とするものの、プリセットにある最高設定のままでOKな環境が多いハズだ。配信側の設定も可能だが、快適な配信にはインターネット回線環境も重要なので、まずはスピードテストでの実効速度から設定を詰めていくといいだろう。ちなみにRecボタン下部のカメラアイコンをクリックすれば、静止画キャプチャーも可能。このときの画質は録画品質の設定に依存するが、大きな差がないので、あまり気にしなくてもいいだろう。

AVerMedia
録画品質設定はカスタムも可能。映像ビットレートは60Mbpsまで対応する
AVerMedia
マルチプラットフォーム配信もOK。対応する配信プラットフォームはスクリーンショットの通りで、YouTube、Twitchなどのメジャーどころはちゃんと押さえている

 コーデックには「デフォルト-NVIDIA」「H.264」のふたつがある。「デフォルト-NVIDIA」はGPUエンコード、「H.264」はCPUを使用したソフトウェアエンコードだ。画質に関しては大きな差を確認できていないため、使用環境で都合のいいほうを選ぶといい。またMultiモードでソースとしてスクリーンキャプチャーを選び、PCゲームを取り込んで録画・配信しようという場合は、ゲームタイトルの負荷傾向から影響の少ないほうを選ぶ手段ともいえる。AVT-C878 PLUSは「OBS Studio」や「XSplit Broadcaster」、「アマレコTV」などの配信ソフトにも対応しているため、すでに愛用のアプリケーションがあるという人も安心である。

AVerMedia
コーデックの切り換えはアクセスしやすい位置にある
AVerMedia
簡易ながらソフトウェアミキサーもアリ
AVerMedia
HDCPに関する設定は最初にチェックしておこう。ヘルプボタンを押すと対応表が表示されるが、主にiPhone用である
AVerMedia
PS4を利用する場合などは、ゲーム機側でHDCP設定の変更も可能
AVerMedia
単体録画モードの画質設定もRECentral4から変更する。初期設定は最高画質となっている

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking