2018年05月08日13時00分

他社に先駆け4Kチューナー内蔵! 東芝「レグザ」2018年モデルを6月発売

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
東芝

 東芝映像ソリューションは5月8日、12月1日から開始予定の4K放送(BS/CS)を受信できるチューナーを初めて内蔵した4Kテレビ「レグザ」を発表。6月6日から順次発売する。

 発表したのは、ハイエンド有機ELテレビ「X920」、低音特化型スピーカー内蔵4K液晶テレビ「BM620X」、スタンダードタイプ4K液晶テレビ「M520X」シリーズで、発売日と価格は以下の通り。

製品名画面サイズ発売日予想実売価格(税抜)
65X92065V型7月下旬65万円前後
55X92055V型7月下旬45万円前後
55BM620X55V型6月下旬21万5000円前後
50BM620X50V型6月下旬17万5000円前後
43BM620X43V型6月下旬14万5000円前後
65M520X65V型6月中旬25万円前後
55M520X55V型6月中旬20万円前後
50M520X50V型6月6日16万円前後
43M520X43V型6月6日13万円前後

他社に先駆けて4K放送チューナー内蔵
その秘訣は外付けセキュリティーチップ

 12月1日からはじまる4K放送では、B-CASカードに代わるセキュリティーチップが必要で、その出荷は秋になる見通し。

 このため、セキュリティーチップを内蔵するテレビは秋以降にならないと製品化されないと思われていた。

東芝
セキュリティーチップを搭載したモジュール

 しかし同社はセキュリティーチップをUSB外付けモジュール化し、秋以降にそのモジュールを購入者に郵送することで、対応チューナー搭載テレビについては先行して発売できるようにした。

東芝
本体背面の専用端子に装着することで4K放送の視聴が可能に

 これにより、セキュリティーチップを装着すれば4K放送の視聴が可能。さらに、USB HDDへの録画も行なえる(4Kチューナーは1つなので裏番組録画はできない)。

4K放送向けの高画質機能を備える
有機ELテレビ「X920」

東芝
「X920」

 X920は従来よりも新しい世代の有機ELパネルを採用。画像処理エンジンにも新しい「レグザエンジン Evolution PRO」を搭載する。

東芝
X920の基板。中央の丸い模様が入ったチップが「レグザエンジン Evolution PRO」

 4K放送はHEVCで配信されるが、この特有のノイズを除去する「BS/CS 4KビューティX PRO」を搭載。超解像処理を利用することで、4K放送でもノイズやちらつきを抑えた映像を表示できる。

 地上デジタル放送についても、従来より機能を向上させた「地デジビューティX PRO」を搭載。フルHDを4K解像度にする前の段階の、水平1440を1920にアップスケールする際にも超解像処理をかけることで精細感を向上させている。

 さらに、緻密なコントラスト制御でHDR映像に立体感を与える「HDRリアライザ― PRO」も搭載する。

東芝
X920のオーディオシステム

 オーディオシステムは新開発のフルレンジスピーカーとバスレフボックスを採用。さらにツィーターを搭載することで迫力のある音を再生できる。

東芝
付属のリモコン。「4K」のボタンを配置し、ダイレクトに4K放送の番組表が呼び出せる

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking