2018年02月16日16時30分

Bluetoothにも対応したケンウッドの彩速ナビゲーションのエントリーモデル

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
ケンウッドナビ
MDV-L505

 JVCケンウッドは2月16日、AVナビ「彩速ナビゲーション」の新モデルとして、「MDV-L505W/L505」と「MDV-L405W/L405」の4製品を発表。3月上旬に発売する。

 彩速ナビゲーションシリーズのエントリー機にあたるモデルで、上位モデルとなるMDV-L505W/L505には光沢パネルの採用や地上デジタルTVチューナー、車の傾きと全国の傾斜データをマッチングする「高測3Dジャイロ」、Bluetooth接続によるハンズフリー通話などの機能が搭載されている。

ケンウッドナビ
「MDV-L505W」(ワイドパネルモデルは液晶サイズは同一だがボタン操作系を右側に搭載する) 

 MDV-L405W/L405はワンセグチューナーを搭載。ジャイロは2Dセンサーのみ、Bluetooth機能が省略されているなどの違いがある。

 全モデル共通の特長としては、地図のスクロールやAV操作がスマホ感覚で行なえるタッチ操作、地図中に地デジ放送やDVDなどの動画を子画面に表示できる機能、FM多重放送「VICS WIDE」、スマホ用定額制音楽配信アプリケーション「SMART USEN」対応、DVD再生機能、SDカードやUSBメモリーのマルチメディア再生などの機能を持つ。いずれも7型ワイド画面(800×480ドット)で、MDV-L505WとMDV-L405Wは200mmコンソールに対応のワイドモデル。

 予想実売価格はMDV-L505W/L505が7万5600円前後、MDV-L405W/L405が6万4800円前後。

                                    

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking