2016年09月17日21時15分

CoDやサマーレッスンで大盛り上がり! 東京ゲームショウで「PlayStation VR」を体験!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
PS VR
幕張メッセのホール4の奥にあるソニー・インタラクティブエンタテインメントブース

 東京ゲームショウ(TGS)のソニー・インタラクティブ・エンタテインメント(SIE)ブースでは、10月13日発売予定の「PlayStation VR」(PS VR)の試遊が行なわれている。やはり、最も注目されていたのは可愛い女の子が近づく実在感が大きな話題を呼んだ、バンダイナムコエンターテインメントの「サマーレッスン」。15、16日のビジネスデーにおいても、多くの人が並んでいた。

現実と仮想の境界が分からなくなる実在感にドッキドキ

 主人公は勉強の苦手な女の子「宮本ひかり」が夏休み明けのテストで良い成績を残せるよう7日間、家庭教師として一緒に過ごす。本作は「サマーレッスン:宮本ひかり セブンデイズルーム(基本ゲームパック)」として、PS VR専用タイトルとして、ダウンロード販売が行なわれる。価格は2979円。

PS VR
キャラクターが目の前にいて、近い!という体験は、映像と分かっていてもドキドキしてしまうほどの実在感を得られる

 サマーレッスンはTGSのステージにて、今後も継続的に開発・配信を続けていくプロジェクトとなったことが明らかにされた。本作以降も3つのシチュエーションが用意されており、メイド服を着たひかりちゃんの姿には大きな反響があったようだ。

PS VR
プレイヤーは家庭教師として、レッスンの準備を行なったり、勉強のアドバイスを行ない、成績アップの手助けをする
PS VR
今後のシチュエーションのひとつ。一緒にランニングをしているところだろうか?
PS VR
主人公が拠点としている喫茶店に、メイド服を着たひかりちゃん登場!?
PS VR
一緒に花火を見るといった、夏休みらしい体験も

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking