週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

CoDやサマーレッスンで大盛り上がり! 東京ゲームショウで「PlayStation VR」を体験!

2016年09月17日 21時15分更新

 次に気になったのが、発表されたばかりのVR用ガンコントローラー「PS VR Aim Controller」を使った発売未定のFPS「Farpoint(仮)」の試遊。砂と岩だらけの惑星で、次々とクリーチャーに襲われるのを撃退していく。蜘蛛型のクリーチャーが、地面を這って来る様は、バーチャルと思っていても(苦手なので)生理的な嫌悪感すら感じた。

ハンドガンタイプではなく、両手で構えるマシンガンにマッチ。マップに配置された武器は、近づいてコントローラーを横にして、一旦置くような動作をすると入手し、切り替えられる

重厚な雰囲気はさながら映画のワンシーンのようだ

 ガンコンの前面にあるグリップにあたる部分のアナログスティック(その下には十字キーも備える)で移動、グリップのボタンでグレネードを発射できた。もちろん、マシンガンの銃弾はトリガーで発射する。リロードはオートだったが、トリガーの裏手側にある最も背面の部分に、円を描くように〇、×、△、□とおなじみの4つのボタン、アナログスティックを有するため、ゲームによってはボタンを押してのリロードなども行なえそうだ。とにかく、DUALSHOCKコントローラーがなくても、ゲームの基本的な操作はすべて行なえるようになっており、FPSでは銃を撃つという体験の臨場感が増す仕様だ。

 銃を撃ったときには振動するようなことはなかったので、そこが少し残念。銃の反動が手に伝わるような形だとなお良かったが、銃を撃って敵を倒す感じは、一般的なコントローラーにはない楽しさを覚える。FPS好きなら、購入を検討する余地アリだ。

レーシングコントローラーでよりリアルなレース体験を実感

 発売未定のレーシングゲーム「DRIVECLUB VR」は、レーシングコントローラーとセットで体験。コクピット視点でのリアルなレース体験は、3D Spatialオーディオが実現する音響で、より臨場感あふれるものになる。また、各マシンをさまざまなアングルでVR鑑賞できるモードも搭載する。

車の内部も詳細に描かれ、臨場感は抜群。リアルな景色を楽しみながら、レースに夢中になれる

 使用されていたのは、先日発表となったHORIが10月に発売するステアリング型コントローラー「Racing Wheel Apex for PlayStation®4/PlayStation®3/PC」(1万4018円)。ハンドルを備えたステアリングユニットは、クランプで机を挟み込み、結構しっかりと固定することも可能。クランプ部はゴム足が付いているため、机が傷つく心配も少ない。振動機能も備え、砂利道を走る際は、車に伝わる細かい振動がハンドル側にも伝わってくるのが良かった。ハンドルは割と小型だが、グリップもしっかりしており、小回りが利く分、疲れづらい印象があった。フットペダルも付属しながら、4万円以上するレーシングコントローラーよりに近い操作感と、コンパクトさは魅力だ。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう