2015年08月03日21時00分

Xperia Z5の期待も高まる 両面1300万画素の極細ベゼル機とハイブリッドAF対応機が登場

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 ソニーモバイルは、すでに台湾などで展開している自撮り特化“Cシリーズ”の最新機種『Xperia C5 Ultra』と、ミドルレンジ機『Xperia M5』を発表しました。それぞれ8月から各国で販売予定です。

Xperia C5 Ultra

Xperia C5 Ultra&Xperia M5

 Xperia C5 Ultraは、“PROselfie smartphone”をうたうセルフィー(自撮り)に特化したLTE対応モデル。背面も正面も1300万画素の“Exmor RS for mobile”を搭載。正面には広角22ミリのレンズを搭載し、4倍ズームやHDR撮影、電子手ブレ補正などに対応。正面にもLEDライトがついており、逆光や暗い場所での撮影も簡単です。

Xperia C5 Ultra&Xperia M5

 また、C5 Ultraは“Ultra”の名称がつくファブレットモデル。画面サイズは6インチで、フルHD解像度(1080×1920ドット)。幅は79.6ミリ、高さは164.2ミリ。『Xperia Z Ultra SOL24』と比べると、幅は12.4ミリ、高さは14.8ミリもコンパクトになっています。これはディスプレーのベゼルが極細仕様(a super-thin bezel for a near borderless display)になっているからでしょう。

 OSはAndroid 5.0で、CPUは64ビット対応1.7GHzオクタコアの『MTK6752』。メモリー 2GBで、ストレージは16GB。マイクロSDXC対応で、200GBまで公式にサポートしています。

Xperia M5

Xperia C5 Ultra&Xperia M5

 一方、Xperia M5は“Xperiaのよさをお求めやすい価格で”というコンセプトの普及価格帯の製品で、同社によるとM5は“super mid-range”。ミドルレンジ機ながらもソニーらしいデザイン性と防水性能(IP68)、カメラ性能を両立したモデルに仕上がっています。

 背面カメラは2150万画素センサー搭載で、最大ISO3200まで、4K動画撮影やデジタル5倍ズームに対応。また、新しい“ハイブリッドオートフォーカス”を採用。これはコントラストAFと位相差AFのふたつの方式を組み合わせたもので、高速かつ正確なオートフォーカスが可能となっています。ちなみに、正面カメラも1300万画素と自撮り用途を意識したスペックです。

Xperia C5 Ultra&Xperia M5

 画面サイズは5インチで、フルHD(1080×1920ドット)解像度。幅は72ミリ、高さ145ミリ、厚さ7.6ミリ。Xperia Z4と比べると幅は同じで、高さは1ミリ短く、厚さは0.7ミリ厚くなっています。

 C5 UltraもM5もカメラに特化したモデルといえ、C5 Ultraの極細ベゼルのデザインやM5のハイブリッドAFは、今後発表されるであろう次の“Xperia Zシリーズ”への搭載も期待できる特徴と言えます。

(2015年9月9日15:10追記:記事初出時、Xperia M5とXperia Z4の厚さ比較に関する記述が間違っておりました。お詫びして訂正いたします。)

●関連サイト
ソニーモバイル公式ブログ 該当記事(英文)

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking