2015年07月30日14時00分

英会話困ってる方、1万円でどうすか カシオ『JoyStudy』

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
jpg
JoyStudy(想定価格1万円前後)

 カシオは予告なしにふしぎな製品を作る。電子辞書の担当さんがいきなり「英会話ツールなんですけど」と言ってきたので、思わず「は?」と言ってしまった。

 カシオが30日に発表したのは『JoyStudy』(JY-L01)という英語学習専門ツールだ。想定価格は1万円前後。9月11日に発売する。

 英会話例文集『デイリースピーキング』、単語帳『キクタン』のコンテンツを収録する。要は電子辞書から学習機能をゴソッと切りだして安くしたという話だ。

jpg
日常&ビジネス英会話343シーンを収録

 機能はめちゃシンプル、イヤホンで英会話を聞いて学習するもの。監修は『その英語、ネイティブにはこう聞こえます』で知られるデイビッド・セイン先生。

 日常会話、出張、オフィスなど、合計16時間343シーン、約3400種類の例文を収録。ラジオドラマ的な効果音が入っていたり、聞いているだけで飽きない工夫をしているそう。再生速度は5段階で調節できる。

 バッテリー持続時間は単4形充電池(eneloop)1本で約8時間。サイズは幅68.5×高さ68.0×奥行き16.1mm(キー部分を除く)、重量は約75gと小型軽量。画面は2.2型、バックライト付き、懐かしのモノクロ液晶ディスプレイ。

jpg
『セイン先生のなるほど英語!!』雑学コンテンツっぽい

「でもこれスマホでいいんじゃないの」と意地悪なことを聞くと「スマホじゃ気が散っちゃうじゃないですか」と言われた。たしかに英会話アプリの隣に『ねこあつめ』『パズドラ』『モンスト』あったらそっち開いちゃうか。

 ターゲットは英会話初級者、なんとなく必要なのはわかるんだけど教室通うほどでもないよな~という層。このごろは外国人観光客の方も増えているため、入門レベルでも知っときたいという人向けにつくったものらしい。

 都会のビジネスマンは必要性を感じたら英会話教室行っちゃうと思うから、商店街のおっちゃん、旅館の女将さんがこれを知るようになったら勝機があるのかもしれない。てかわたしもまともに話せるようにならんとね……。

●関連サイト
カシオ

※お詫びと訂正(2015/07/30 16:30):初出時「3400シーン」とありましたが、正しくは「343シーン、英文が約3400例文」です。関係者のみなさまにお詫びするとともに訂正いたします。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking