2015年07月09日15時30分

OS X El Capitanにいち早く登頂できるパブリックベータが間もなく登場か

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 みなさん、こんにちは。週刊アスキーの吉田でございます。さて、6月にAppleが開催したWWDC(Worldwide Developers Conference、世界開発者会議)で、Macの次期OSとなるOS X El Capitan(エルキャピタン)が発表されましたが、開発者には即日、デベロッパープレビュー(beta版)が配布され、一般ユーザー向けには7月中にパブリックベータを配布するとアナウンスされていました。

El Capitan

  そんな中、Appleは日本時間の7月9日未明にEl Capitanのbeta 3版を開発者に配布しました。開発者版を手に入れるにはデベロッパー登録が必要なので一般ユーザーには敷居が高いかもしれませんが、現行のOS X Yosemiteでもデベロッパープレビュー版の特定のビルドがそのままパブリックベータ版として配布されたことがありました。

El Capitan

 前述のようにWWDCで、パブリックベータ版は7月中の配布とアナウンスされていたので、この開発者向けのbeta 3がそのままパブリックベータになる可能性があります。一般ユーザーがパブリックベータ版を手にするには「Apple Beta Software Program」に加入する必要があります。該当ページでApple IDを使ってログインして必要な情報を入力するだけなので、来たるべきパブリックベータ版のリリースに備えて、いまのうちに登録しておきましょう。

El Capitan

 なお、パブリックベータ版とはいえNDA(機密保持契約)に含まれるので、個人での試用以外の用途には使えませんのご注意を。ブログで「El Capitanのパブリックベータを使ってみた」という記事を投稿するのは本来は御法度ですよ。

●関連サイト
OS X El Capitan概要ページ 
Apple Beta Software Program
OS X El Capitan開発者向けページ
El Capitan, Yosemite(Googleマップ)

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking