2015年06月16日13時30分

ユニクロがアクセンチュアと協業 デジタル顧客体験を強化へ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 ユニクロを運営するファーストリテイリングは、テクノロジーを活用して経営コンサルティングを行なうアクセンチュアと“従来の顧客体験を超えたデジタル時代の革新的な消費者サービスの開発”に向けて協業すると2015年6月15日に発表した。業務におけるデジタル化および新IT領域への進出、また将来的に合弁会社の設立も予定する。

ユニクロ

 世界的に展開するユニクロも実店舗での買い物は会員カードなどもなく個人情報を取得していない。今回の協業では、実店舗とデジタル店舗の境目なく、業務プロセスの完全デジタル化による商品の企画から販売までのリードタイムの短縮、クラウド化によりあらゆる情報や技術の活用により、いつでもどこでも買い物が可能な顧客体験を提供していくとしている。あらゆるところで情報を得て、買い物につなげるユビキタスな顧客体験のイメージだ。

 また国内外問わず優秀なIT人材の獲得し、システムやインフラ構築をし、商品構成やコーディネートの提案を行なうようなリアルとバーチャルを融合したデジタル時代のキュレーションサービスの構築を目指しているという。協業が発表されたもので、具体的なサービス展開についてはこれから出てくることだろう。

 初夏のサンフランシスコ取材、日本と同じような服装で挑んだところ寒すぎで、現地のユニクロで買ったパーカーに救われ、週アスの秋葉原のイベントの運営で汗だくになったあとにTシャツを買ったことも、徹夜して会社に泊まったあとに着替えを買いに行ったりと……スゴくお世話になっています。衣の生活体験を変えたユニクロが最先端のITを手に入れたとき、どんな買い物体験ができるようになるのかな。

■ファーストリテイリングの柳井正代表取締役会長兼社長のコメント
 ファーストリテイリングは、バーチャルとリアルが融合し、お互いの機能がより高まった新しい産業を創造していきたいと考えています。このたびのアクセンチュア様との協業により、従来の小売業の枠を超えたまったく新しい産業の可能性を国内外に示し、世界最高水準のビジネスモデルを構築するとともに、デジタル時代に求められる革新的な消費者体験を実現するための店舗の構築や物流網の整備、イノベーションを創出できる人材の育成に取り組んでいきます。新しい産業の変化は日本だけでなくグローバルな波であり、世界中で事業展開を進める企業にこそ、ビジネスの仕組みを根本から変える力があると信じています。

■関連サイト
ユニクロ

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking