2015年06月06日17時00分

戦車で旗取り合戦!『World of Tanks』の期間限定モード“制圧戦”に出撃

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 オンラインタンクバトル『World of Tanks』(以下WoT)に、期間限定の新モード“制圧戦”が実装されました。これは6月2日~6月30日の期間だけプレーでき、いままでのルールとはガラッと変わった楽しいモードです。

20150606wots
(C)Wargaming.net

 制圧戦をプレイするには、期間中全プレイヤーに配布されているイベント専用のTier10戦車『AMX 50B(D)』(フランス)と『T110E5』(アメリカ)、『Object 140(D)』(ソ連)を選ぶ必要があります。これらの戦車はガレージのいちばん左側に格納されており、3種類の戦車のいずれかを選択したら、自動的に“制圧戦”に出撃となります。

20150606wots
(C)Wargaming.net
20150606wots
(C)Wargaming.net
20150606wots
(C)Wargaming.net
20150606wots
(C)Wargaming.net

 制圧戦が既存のゲームモードともっとも異なるのは、試合中にリスポーン(再出場)できるところ。これまでのWoTでは、HPがゼロになるとガレージに戻るか観戦モードで試合を見守るしかなかったのですが、制圧戦では数秒後に復帰できます。当然、選べるのは上述した3種類だけですが、WoTなのに復活できるのは新鮮!

 肝心なルールも今までのゲームモードとは異なります。通常は敵地の占領か敵の全滅で勝利ですが、制圧戦は一定ポイントを貯めたチームが勝利。マップ内には最低1本以上の“旗”が配置されており、その旗を“本部”と呼ばれる自軍のエリアに持ち帰ればポイントをゲット。要するに”戦車版のキャプチャー・ザ・フラッグ”といった感じです。

 いちどに得られるポイントはマップによって異なり、広ければ広いほど得点アップ。なお、敵の戦車を撃破しても1ポイントだけはゲットできるので、気の遠くなる話ですが理論上では旗を1本も持ち帰らなくても勝利可能です。

20150606wots
(C)Wargaming.net

 さらにもうひとつ、制圧戦のマップ上には歯車のマークが書かれたエリアが数ヵ所あります。ここのエリアに戦車を移動させると、車輌の修理と弾薬補充が可能。ただし、連続して使用すると修理にかかる時間が伸びてしまうため、どのタイミングで使うかが重要となります。

20150606wots
(C)Wargaming.net

 

■さっそく制圧戦に出撃してみた■

 1万戦以上プレイしている筆者ですが、へっぽこプレイヤーなので未だにTier10戦車を所有していません。そんな私がさっそく制圧戦に出撃してみました。用意されたTier10戦車はめったに触れない貴重品なので、自分のガレージに並んでいるだけでテンションが上がります。

 どれも魅力的な車両ですが、初めてのTier10車輌は『Object 140(D)』に。これらのイベント専用戦車を選択した状態で“戦闘開始”をクリックすると、いよいよ制圧戦がスタート。このモードは1チーム10~15人で戦いますが、今回は最大の15対15バトルが開始されました。

20150606wots
(C)Wargaming.net

 制圧戦には軽戦車が登場しないため、索敵は唯一の中戦車『Object 140(D)』の仕事と思われます。なので、セオリーどおりにマップ中央は避け、周囲の索敵に出発。初めて使うTier10中戦車は実に快適で、「この速度で中戦車なのか?」と疑いたくなるほどテキパキと動きます。さらに視認範囲も400メートルもあり、ものの数十秒で敵を発見。

 ミニマップに敵のアイコンが表示されると、ここからは乱戦。リスポーンができる安心感があるからか、敵味方が入り乱れて戦います。Tier10戦車がドンパチ撃ち合うさまは、既存のモードよりも“お祭り感”が強い印象。序盤はTier10しかいない戦場にビビっていた筆者も、乱戦に加わってみました!

 こちらは中戦車なので、敵の重戦車に正面から挑むのはナンセンス。なるべく敵の即背面を狙うよう心がけて戦います。『Object 140(D)』の主砲は照準精度も貫通力も高く、実に快適。敵の弱点を狙えばジリジリとダメージを与えられました。しかし、やはり中戦車なので装甲は薄い! 狙われたらあっという間に撃破されてしまいました。

 既存のゲームモードだったらココでおしまいですだが、今回は制圧戦。画面にカウントダウンが表示され、次に出撃したい戦車を選択可能です。いままで使っていた『Object 140(D)』は選択できない仕様なので、次は重装甲のアメリカ重戦車『T110E5(D)』を選んでみました。

20150606wots
(C)Wargaming.net

 この戦車の特徴は、重戦車にしては機動力が良好で、とても扱いやすいところ。筆者はこの戦車の前身のTier9『M103』を所持していますが、Tier10になるとパワーが違いますさすが、アメリカ重戦車の最高位といった感じです。『T110E5(D)』はイベントが終わると消えてしまうので、早く『M103』を開発しようと心に決めました。

 そして、イベント専用戦車の3台目は『AMX 50 B(D)』。フランスの重戦車で、最大の特徴は自動装填できる主砲。2.5秒間隔で4発の射撃が可能ですが、マガジン内の4発を撃ち切ってしまうと、完全装填に30秒もかかるという、プレイヤーの腕が試される戦車。WoTには自動装填可能な戦車は多数登場しますが、ゲームを始めたばかりは使えないため、WoT初心者が触ると面食らうかもしれません。

 もしまだTier10戦車を持っていないユーザーなら、ぜひ制圧戦を遊んでTier10戦車のすばらしさを体感してみてほしい! この強力な戦車をいちどでも触ってしまったらヤミツキになり、Tier10戦車を入手するモチベーションアップにつながるはずです。


■『World of Tanks Blitz』好評配信中!■

 モバイル端末でどこでも遊べるオンラインタンクバトル『World of Tanks Blitz』も好評配信中。

App Store アプリをダウンロード
App Store アプリをダウンロード

Google Play アプリをダウンロード
Google Play アプリをダウンロード

World of Tanks
●メーカー:Wargaming.net
●基本プレー無料
●対応OS:Windows XP/Vista/7/8
●CPU:2.2GHz以上
●メモリー:1.5GB以上
●HDD:空き容量16GB以上

■関連サイト
World of Tanks公式サイト

(C)Wargaming.net

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking