2015年05月24日09時00分

iCloudの容量を標準の5GBから増やす方法

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 みなさま、こんにちは。

 先日、iPhoneを持ったままエスカレーターで大きく転んでしまいました。そのときに「iPhoneが割れたかなぁ……」と恐る恐る見ると無事でした!! 安心しましたが、万が一壊れていたらと思うと、背筋が凍ってしまいました。

 なぜなら、最近はiCloudの容量不足でバックアップがきちんと取れていなかったからです! 「iCloudの容量を増やしたいけどお金かかるんでしょう?」とか思っていましたが、それよりもデータのほうが大切です! この機会にiCloudの容量を見なおしてみませんか?

iOSTips

 設定→iCloud→容量→“さらに容量を購入”をタップします。

iOSTips

 5GBまでは無料で提供されていますが、写真などもいっしょにバックアップしようと思うと、5GBでは足りないという方も多いのではないでしょうか。iCloudは5GBまでというわけではなく、オプションで容量を増やすことが可能です。

●iCloudの容量別月額料金
5GB:無料
20GB:100円
200GB:400円
500GB:1200円
1TB:2400円

 となります。20GBであれば100円なので、毎月の安心が買える! と思うと安いですね。かなり写真が多くても、20GBくらいあれば余裕がありますので、万が一ために容量を追加するのも手です。

 iCloudはバックアップにも便利ですが、同じApple IDを使う機器とデータの共有ができます。iPhoneではメモリーカードを使ってデータ交換をするのではなく、クラウドで受け渡しするほうが簡単ですので、複数の端末を使っている場合はもっと便利に使えます。iPhoneで書いたメモを別のiPhoneやiPad、Macで続きを書いたり、Safariの閲覧ページやパスワードも共有できます。

 効率のいいデータ管理のためにも、iCloudを活用してみてくださいね。

※iOS8.3で検証しました。

■あわせて読みたいiOS Tips
iPhoneのバーストモードはiCloudの容量やアップ数制限を使い切るので注意
iPhoneのバックアップを削除してiCloudの容量不足を解消する方法
iPhoneでiCloudの容量が足りないときに使えるデータの減らし方

iPhoneとiPadで使える超便利Tips集

つばさのFacebook

 この記事を書いているつばさのFacebookページができました。
 スキマ時間などにのぞいてくださいませ。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking