2015年05月05日19時00分

泥酔しててもサイフ忘れてもなんとか乗り切れる!万が一に備えてLINE TAXIを使ってみた

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 リア充モンスターのみなさま、こんばんは。いまは週刊アスキーの吉田でございます。大型連休中なんで週アスPLUSなんて見るヒマないと思いますが、先日利用したLINE TAXIについてレポートしますよ。

 これはLINE Payと連携したタクシー配車サービスで、LINEアプリからタクシーを呼び出すことが可能です。LINE Payはクレジットカードに紐付けられているのでキャッシュレスで利用できるのも特徴です。つまり、サイフを忘れてもスマホさえあればなんとかなるわけです。

LINE TAXI

 では、さっそく使っていきましょう。まずはLINEアプリを起動して「その他」から「LINE TAXI」を選びます。

LINE TAXI

 最初はユーザー登録なので氏名と電話番号を入力します。事前にLINE Payでのクレジットカードの登録も済ませておきましょう。

LINE TAXI

 あとはタクシーを呼ぶだけ。「配車依頼」をタップ。

LINE TAXI

 すると現在地周辺の地図が現れます。このあたりは一般的なタクシー配車アプリと一緒ですね。

LINE TAXI

 地図を拡大して詳細な配車位置にピンを立てます。

LINE TAXI LINE TAXI

 「次に進む」をタップすれば配車内容の確認画面に切り替わります。

LINE TAXI

 配車手続きはこれで完了。タクシーが来るのを待ちましょう。

LINE TAXI

 現在地周辺にタクシーが近づくとダイアログで知らせてくれます。

LINE TAXI

 指定した場所への予定到着時間などもわかります。タクシーに乗車する際は登録した電話番号の下4桁と氏名とドライバーに伝えましょう。

LINE TAXI

 配車場所に設定した地点は保存可能です。

LINE TAXI

 無事タクシーが到着し乗車したところ、タクシーの運営会社からお知らせが。

LINE TAXI

 通知をタップすると日本交通の配車アプリが立ち上がり、「CM視聴クーポン」の画面に切り替わります。

LINE TAXI

 これは以前レポートした日本交通独自のサービスで、タクシーの乗車中にCM動画を見ることで1本あたり50円の割り引きクーポンが貰えるというもの。CM動画は前回乗車したときと同様に7本(350円、前回利用時の350円と合算して700円)で打ち止めでした。なお、このサービスは日本交通の配車アプリを利用して配車したときのみ適用されるので、LINE TAXIで割り引きを受けることはできません。しかし、日本交通のアプリをインストールしていれば、クーポンはためられるわけです。

LINE TAXI

 LINEのトーク画面にもタクシーを配車した記録が残ります。

LINE TAXI

 「詳細を見る」をタップすれば、配車場所などを確認できます。

LINE TAXI

 目的地に到着したらレシートを貰うだけでOK。半日後ぐらいには、精算をお知らせするLINEが届くはずです。

LINE TAXI

 「詳細を見る」をタップすれば決済金額などをチェックできます。

LINE TAXI

 登録したメールアドレス宛に決済内訳も届きます。

LINE TAXI

 別メールで領収書も届きます。万が一酔っ払っていてタクシードライバーからもらった領収書をなくしてしまっても、金額はこちらで確認できるので安心ですね。

 キャッシュレスで使えて便利なんですが、LINE TAXIは配車料金として410円がかかるため、タクシーを捕まえやすいところで使うにはコスパが悪いです。しかーし、サイフを忘れたり、落としたり、酔っ払っていて自分がどこにいるかわからないときには、心強い味方ですね。登録は無料なので、万が一に備えて加入してみては?

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking