2015年03月17日11時00分

フリマアプリ『メルカリ』がクロネコヤマトと提携!発送料金が全国一律 送り状も必要なし

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 スマートフォン向けフリマアプリ『メルカリ』は、業界で初めて物流のヤマト運輸と連携し、発送の全国一律料金、送り状の自動生成とユーザーの利便性を大きく向上させる新サービスの提供を開始する。簡単さを売りにするメルカリだが、よりサービスが便利に手間が少なくなる新サービスの登場はうれしい。

メルカリとヤマト運輸

 今回の提携で2015年4月1日から全国どこから発送しても一律の料金となる。サイズによる発送料金の違いなど、料金体系の詳細は改めて、サービス開始時の4月1日にメルカリから発表となる。宅急便や宅急便コンパクト、小型宅配ネコポスに対応、運賃の一部をメルカリが負担することで、料金もほぼすべてのサービスと比較して安価になる見込みだ。

メルカリとヤマト運輸

 料金以外にも、送料の決済がアプリ内で完結などシステム面でも便利になる。特に注目なのは購入成立後、メルカリから出品者に向けて発行されるQRコード。配送商品をヤマト直営店に持ち込んで、店頭端末“ネコピット”でQRコードを読み取れば、自動的に送り状を印字。出品者が手書きする必要なく、より発送が楽になる。

メルカリとヤマト運輸
今回の提携を発表したヤマト運輸の小菅泰治執行役員法人営業部長(左)と、メルカリの小泉文明取締役

 今後の施策としては窓口の拡大、コンビニなどでの発送の受付、ヤマト運輸セールスドライバーによる集荷も予定している。また住所など個人情報を開示することなく、メルカリのアプリだけで発送手配ができる匿名配送サービスも。より便利になるメルカリのサービス展開に注目だ。

■関連サイト
メルカリ

AppStore アプリをダウンロード

Google Playアプリダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking