2015年03月03日17時15分

freetelが出すWindows Phoneの正体:MWC 2015

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 日本は空前のMVNOブームでして。freetelがMWC出展というのでそ~っと覗いてみてみました。

freetelが出すWindows Phoneの正体
↑非売品の漆モデル。高そ~。
freetelが出すWindows Phoneの正体
↑ブースはごく小規模なものですが“SAMURAIプロジェクト”と称した古風な展示で各国の来場者の注目を集めていました。
freetelが出すWindows Phoneの正体
↑freetelのラインアップを展示。

 最近、格安スマホのOSにWindows Phoneを採用する風潮があり、freetelも発表しましたね。そのモデル『Ninja』が展示されていました(日本では違う名前でしょうケド)。

freetelが出すWindows Phoneの正体
↑パッと見、HTCっぽい気がしましたが、どこ製でしょうか?

 コチラ、英KAZAM製のODM製品だそう。OSはWindows Phone 8.1、LTEモデルです。液晶サイズは5インチ(1280×720ドット)、64bitのクアッドコアCPU(1.2GHz)を搭載。RAM1GB、8GBの内蔵メモリーを搭載し、microSDカードも搭載。バッテリーは2500mAh。

freetelが出すWindows Phoneの正体
↑プラスチックですが、アルミっぽい質感でチープさはないです。カメラは8M(フロントは2M)。
freetelが出すWindows Phoneの正体

 ほか、詳細は未定です。ところで、日本のMVNO会社がなぜ、MWCに出展しているのか? 日本で組み立て、海外への販路を探っているそうで、そのアピールだそうです。なるほどSAMURAIね。

 いじょ。今年のMWCはWindows Phone祭り……ではまったくございませんが、そう感じてしまうような記事を、最近書物も出され浮かれている、とあるジャーナリストに執筆依頼中です。そちらもお楽しみに。

freetelが出すWindows Phoneの正体

■関連サイト
freetel

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking