2015年01月29日18時30分

税込540万円に思わずのけぞるソニーの壁際4Kプロジェクターが発売

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 ソニーは約17センチで最大147インチ(対角線で約3.7メートル!)の4K映像を投影できる4K超単焦点プロジェクター『Life Space UX LSPX-W1S』を1月30日に発売すると発表しました。同製品はCES2014で披露され、その後同社の体験イベントで展示されていた話題の機種です。価格はソニーストアでなんと500万円(税抜き、下見代金・送料・基本設置料込み)! 消費税だけで40万円かかる計算です……(ゴクリ)。

Life Space UX

 投影サイズは66~147インチで、壁までの距離は最大0センチから投影できます。なお、ズーム機能(約1.6倍)を搭載し、約17センチの距離からなら92インチの小規模投影も可能。独自の高画質化技術で、HDコンテンツを4K映像にアップスケーリングもできるそうです。

Life Space UX

 投影方式は3原色液晶シャッター投写方式で、表示素子はSXRD 0.74型×3を採用。輝度は2000ルーメンとなります。入力端子はHDMI×4、スピーカー端子×2、ギガビットLAN、USBほか。サイズは2700(W)×535(D)×265(H)ミリ、重量は約113.9キロ(!)。

 お金には余裕があるけれど、部屋のスペースには余裕がない方(いるのか?)はご検討ください。銀座ソニービル(東京都中央区)ソニーショールームで実機体験後、お客様との相談などを通じて、併設する直営店・ソニーストア 銀座で受注生産だそうです。

■関連サイト
ソニー プレスリリース

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking