2014年11月22日18時00分

『カオスだもんね!』ピーチかぶ?トロなす?ヒット商品を生み出す食材宅配ネットスーパーの舞台裏

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

いまやネットで何でも買える時代と言っても過言ではないですが、そんなネット時代の食材宅配スーパーとして人気上昇中の『オイシックス』の物流センターを見学してきました。

20141122saku


ってデカ! さすが日本最大級の食品専門ネットスーパーを支える物流センターです。

20141122saku


担当の横山さんと上堀さんに挨拶をすませ、その仕組みを理解するために物流センターの見学へ。

20141122saku


見学にあたり、センター内には寒いところもあるとのことでジャンバーと帽子の貸し出しが。

20141122saku


しっかり着込んだところで、見学スタート! まずは最上階の3階常温品エリアから。

20141122saku


ここのフロアは日用品などをストック。お客さんから注文があればまずはこのフロアの商品からピックアップするのだそうです。

20141122saku


で、そのピックアップした商品を入れるダンボールを組み立てるのが、この自動ダンボール組み立てマッシーン!

20141122saku


これがなんともカッコイイマッシーンで、畳まれたダンボールを瞬時に箱形に! ちなみにダンボールのサイズは4種類あり、注文の品目から容積を割り出して適当なサイズを選出するのだとか。

20141122saku


組み上がった瞬間にお客さんのバーコードシールが貼られ、詰め込みが開始されます。

20141122saku


そして常温品の詰め込みが終わったら、ダンボールは下のフロアへ。ということでカオスチームも下のフロアへ。

2階にやってくると冷気が身を包みます。ここは冷蔵品エリアということで、フロア温度が常に10度以下なのだそうです。

20141122saku


しかし、スタッフはかなりホットというか活発に作業している感じで、ベルトコンベアーで次々に運ばれてくるダンボールにテキパキと食材を詰め込んでいます。

20141122saku


この詰め込みシステムが良く出来ていて、ダンボールがつめ込み担当者さんの前に来ると、ダンボールに付いたバーコードをセンサーが読み込み、必要な食材がある棚のライトが点灯。

20141122saku
20141122saku


担当者さんはそのライトの指示に従って食材を詰め込んでいくという、非常に機能的なシステムです。

ふと隣の柱に目をやると、一連の手順を説明した貼り紙が!なんか“ジョジョ”っぽい擬音まじりで書かれてて和みました。(笑)

20141122saku


ちなみにこのフロアは冷蔵品のピックアップ作業のほかにも、農家からケースで届いた野菜の袋詰や卵を割れにくくする為の包装作業なども行なわれていました。

20141122saku


ということで、2階で冷蔵品を詰め終わったダンボールは1階へ運ばれていきます。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking