2014年11月06日14時30分

WebKit採用でJavaScriptが3倍高速に多機能ブラウザー『Sleipnir Mobile』

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

Sleipnir

『Sleipnir Mobile』
バージョン:4.0
価格:無料
(バージョンと価格は記事作成時のものです)
(c)Fenrir Inc.

AppStore アプリをダウンロード

 みなさま、こんにちは。いまは週アスの吉田でございます。さて、iOS8ではサードパーティー製のアプリにもWebKit(WebKit Framework)の利用が認められました。これまではWebView(UIWebView)というクラスを利用したアプリしか作れなかったので、WebKitを直接使う純正のSafari(Safari Mobile)にはどうやってもパフォーマンスで負けるというのが定説でしたね。『Sleipnir Mobile』は、開発元のフェンリルによるとJavaScriptの処理速度が3倍以上高速になったそうです。

 ちなみに、Sleipnirはスレイプニルと読みます。あと、WebKitが使えるのはiOS8からなので、iOS7の端末を利用している場合は動きませんの注意。

Sleipnir
Sleipnirの特徴はなんといってもタブブラウズです。画面の下部にタブ領域が用意されており、複数のタブをワンタップで切り替えられます。
Sleipnir
タブのグループ分けも可能。
Sleipnir
Mac版やWindows版との連携機能も充実。

 開発元のブログでは、Appleがよく使うJavaScriptのベンチマークテスト「SunSpider」で、前バージョンの3.3と比べて3.35倍も高速化しています。

Sleipnir
開発元が公開しているスピードテスト。前バージョンから3倍強の高速化です。

 私のほうでもJavaScriptのベンチマークテスト「Google Octane」でSafariと比較してみました。Safariのほうが若干いいスコアが出ていますが、実用上は速度差を感じないレベルかと思います。

Sleipnir Sleipnir
Sleipnirのスコア Safariのスコア

 今後、Sleipnirだけでなく個性的な各種ウェブブラウザーがWebKit対応を果たせば、iOSのブラウザーアプリが相当盛り上がるんじゃないかと期待しています。

■関連サイト
フェンリル

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking