2014年04月14日16時30分

GALAXY S5の“リージョンロック”を山根博士が解除してみた

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 サムスン電子のGALAXY S5は各国でSIMフリーで販売されています。そのため海外旅行先などでプリペイドSIMを買い、利用するSIMを自由に入れ替えて使うことが可能です。

GALAXY S5

↑ヨーロッパ版のGALAXY S5の型番はSM-G900F。

 ロンドンで購入したGALAXY S5はヨーロッパ版となるモデル番号『SM-G900F』。サムスンショップで購入したSIMフリー版です。そのため各国のSIMを入れ替えて使うことができるはず。ところがパッケージには気になる記載がされています。

GALAXY S5

↑ヨーロッパ版はヨーロッパSIM通話5分でリージョンロック解除。

 パッケージ横にはステッカーが貼られており、そこには“ヨーロッパ版の本製品にはリージョンロックがかかっている”と記載されています。これはすなわち同じリージョン=ヨーロッパの各国のSIMしか利用できないということ。そのためアジアやアメリカのキャリアのSIMをそのまま入れて使うことができないわけです。ですがもちろんこのリージョンロックは解除が可能で、ステッカーには“ヨーロッパの通信キャリアのSIMを入れて5分間の通話をするべし”と記載されています。

European Model: This product should be activated with a SIM card issued from a mobile operator within Europe. (as defined EU/EEA, Switzerland and the following Non-EEA countries Albania, Andorra, Bosnia and Herzegovina, Former Yugoslav Republic of Macedonia (F.Y.R.O.M), Monaco, Montenegro, San Marino, Serbia and Vatican City.) To use SIM cards from other regions, a cumulative call over five minutes must first be made with the SIM card from European operators.
*リージョンロック対象は以下の国で販売されている型番SM-G900FのGALAXY S5
オーストリア、ベルギー、キプロス、チェコ、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイスランド、アイルランド、イタリア、ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルグ、マルタ、オランダ、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、ルーマニア、スロバキア、スロベニア、スペイン、スウェーデン、英国、スイス、クロアチア、アルバニア、アンドラ、ベラルーシ、ボスニアヘルツゴビナ、マケドニア、モルドバ、モナコ、モンテ黒、サンマリノ、セルビア、バチカン

GALAXY S5

↑イギリスSIMで5分間通話してみる。

 このままでは他の国へ持っていっても現地SIMが使えません。そこでロンドンで現地のプリペイドSIM(今回はThree)を購入、GALAXY S5に装着して他の携帯電話に5分間通話をしてみました。なおGALAXY S5購入後はイギリスの各社のプリペイドSIMを入れてみましたが、それらは当然のことながら問題なく利用できています。

GALAXY S5

↑イギリスSIMからFOMAカードに入れ替え。

 5分の通話、長いようですぐに終了しました。ここでイギリスのSIMからFOMAカードに入れ替えます。

GALAXY S5

↑電波を掴んだ=ロックはかかっていない。

 FOMAカードを入れてしばらくすると、アンテナマークが立ちその横にローミング中である“R”のマークも表示されました。すなわちGALAXY S5のリージョンロックが解除され、他国(日本のドコモ)のSIMが利用可能になったということです。ちなみに今回ドコモのSIMはO2の回線でローミングしていました。

GALAXY S5

↑ドコモからのSMSも到着。

 この作業はロンドンで行っていますが、すぐにドコモから海外ローミングのお知らせのSMSも届きました。すなわち現時点でGALAXY S5に入れたFOMAカードはきちんと認識され、ロンドンでローミング利用も可能ということです。

GALAXY S5

↑通話も問題なし。

 FOMAカードを入れたGALAXY S5から、先ほど通話テストに使ったイギリスの携帯電話に発信してみました。発信先の携帯電話の画面にはFOMAの電話番号も表示され、きちんと通話ができています。これで他国に行っても現地SIMを入れて使うことができます。

GALAXY S5

↑ヨーロッパ版購入は注意が必要、香港版などはロック無し。

 なお気になるのは端末の初期化を行った際にまたロックがかかってしまうかどうかです。今回購入したGALAXY S5を初期化して、その後FOMAカードを入れたところ無事O2の電波を掴みました。リージョンロックの解除は最初に一度だけ行えばよいようです。

 ヨーロッパでは国ごとに端末価格が異なるためこのようなロックがかけられたのだと思われます。GALAXY S5のヨーロッパ版を買う場合はリージョンロックが解除されているかどうかを確認してから購入したほうがいいでしょう。またアジアではリージョンロックはかかっていませんから、グローバル版のGALAXY S5を購入したい場合は香港などのSIMフリー品を買うのがよいかもしれませんね。

●2014年4月14日17:00追記 初出時、“ヨーロッパ版はヨーロッパSIM通話5分でリージョンロック”となっておりましたが、正しくは“ヨーロッパ版はヨーロッパSIM通話5分でリージョンロック解除”です。お詫びして訂正させていただきます。

山根康宏さんのオフィシャルサイト
香港携帯情報局

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking